カデンプラス2016-2017年冬号-電子カタログ
13/44

※:Wエコプラスを設定しない場合との比較石油FH加湿器hp://www.dainichi-net.co.jp/ 灯油価格が下がってきましたが、より節約できるに越したことはありません。ダイニチの石油ファンヒーターは2つのエコ機能の掛け算で家計を助けてくれます。 一つめは「ecoおまかせモードプラス」。室温が設定温度より2℃高くなると消火、1℃低くなると点火をくり返し、室温を一定にキープしてムダな燃料消費を抑えます。二つめは「省エネセンサー」。室内で約15分間、人の動きがないと自動で最小火力運転に切り替え、さらに45分間、人の動きがないと自動的に消火します。 フィルターの清潔性もアップしました。従来は抗菌剤を練り込んだ抗菌フィルターを使用していましたが、新製品ではガラス繊維を使ったフィルター網に除菌剤入りステンレスをコーティング。ホコリと一緒に付着した雑菌の繁殖を抑制します。フィルターを外して洗えるので、より清潔に保てます。ダイニチ | 「ブルーヒーターSDR」シリーズ省エネ性能がさらにパワーアップしたダイニチのブルーヒーター。給油回数が少なくすむので便利です。 プレヒートなしの40秒スピード着火と、消火時に灯油の噴出口を塞いでイヤな匂いを閉じ込めるニオイカット機能も健在。9Lタンクで給油回数も少なく、基本性能が高い石油ファンヒーターです。暖房のエキスパートに聞いた!「ecoおまかせモードプラス」と「省エネセンサー」を組み合わせた「Wエコプラス」により、FW-3716SDRの場合ならば1シーズンで57L(9Lタンクで約6.3回分)の灯油を節約※湿度設定ができるのも大きな特徴。50・60・70%の3段階から好みの湿度が選べますecoおまかせモードプラスの場合室温が設定温度より2℃高くなると消火。1℃低くなると点火22℃20℃消火点火高室温低設定温度20℃とした場合時間→除菌ステンレスフィルターは外して丸洗いできますダイニチ工業 常務取締役田村正裕さん 乾燥した冬は、健康を考えて、就寝中も喉が渇かないようにちゃんと加湿したい。でも、加湿器の音や電光部の明るさが気になってしまうことも。「おやすみ加湿」モードは、最初の一時間は小さなLEDランプ一つだけを点けてほかは全て消灯、運転音もファンの回転を抑えることで13dBとほぼ聞き取れないくらいまで落とし、眠りを邪魔しません。寝入った頃の一時間後、ファンとヒーターを動かし、湿度が50%になるようにしっかり運転しはじめます。その時もデジタル表示部は30%程度の光量に落とし、眠りを妨げないよう工夫しています。就寝中は静かに、ちゃんと加湿ハイブリッド式加湿器 「HD-RX316」●スノーホワイト(W)/●オータムレッド(R)●プレミアムブラウン(T)/●クリスタルホワイト(W)●シェルピンク(P)/●ネイビーブルー(A)動画deCheck!ファンヒーター暖房費節約にWエコプラスFW-3716SDR(W)ダブル13カデンプラス Vol.035[特集No.1:暖房]

元のページ 

page 13

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です