h_newList

新製品

2014.4.2

家庭で手軽に“抹茶”メイキング

新ジャンルの家電「お茶メーカー」がシャープから登場

お茶が健康に良いってご存知ですか?

緑茶の茶葉に含まれる渋み成分の「カテキン」は、
・血圧上昇の抑制
・血中コレステロールの調整
・血糖値の調整
・抗酸化作用
・老化抑制作用
などなど、さまざまな効能が認められています。

また、茶葉にはカテキンのほかにも、
・ビタミンA/C/E
・食物繊維
・クロロフィル
・テアニン
・カフェイン
など、豊富な栄養素も含まれています。

眠気をスッキリさせたり、ストレスを軽減したり、二日酔いの防止効果、あるいはガンや虫歯の予防になるという研究報告もあるなど、お茶を飲むことにはさまざまなメリットがあるのです。そんな健康に良いお茶を、美味しく、効率良く飲めるのが、シャープが新発売する「ヘルシオ お茶プレッソ」です。

ヘルシオ お茶プレッソは、TE-GS10A-B(ブラック系)とTE-GS10A-W(ホワイト系)の2モデル

ヘルシオ お茶プレッソは、TE-GS10A-B(ブラック系)とTE-GS10A-W(ホワイト系)の2モデル

 「お茶を入れる」と言うと、茶葉を急須で濾して茶碗や湯呑みに注いで煎茶にして飲むのが一般的。最近はティーパックのお茶や、ペットボトルのお茶などを常飲する人も増えていますね。ヘルシオ お茶プレッソでは、急須に入れて使う市販の茶葉を利用しますが、煎茶ではなく抹茶状にして飲む形になります。

ミキサーに茶葉を入れてセラミック製の電動茶臼で細かく砕いて粉状にし、続いて粉になった茶葉をタンクに入れてお湯と混ぜてお茶にします。タンクでは茶せんを参考にして開発したという「回転はね」で茶葉とお湯をかき混ぜます。急須を使う煎茶と違い、茶葉を余さず使うため茶殻がゴミにならず、上記の茶葉の栄養成分が丸ごと摂取できるのが特徴です。

操作はとてもシンプル。

(1)茶葉を挽く時は茶葉をミキサーに入れてボタンを押す
(2)できた茶粉を茶さじでタンクに入れ、ポットに水を入れる
(3)「お茶」ボタンを押すと、ポットでお湯を沸かしてタンクで茶粉とかき混ぜるところまで自動で行われる
(4)できあがったお茶はチャイルドロック付きのレバーを操作して湯呑みなどに入れていただく

茶葉を挽くところから湯呑みに入れるところまでの時間は、だいたい3分弱。ただし、茶葉を挽く工程(1)とお茶を点てる工程(2)(3)は個別に行えるため、あらかじめ茶葉を粉末にしておけば2分程度でお茶を入れられます。また、茶葉を挽くときはやや大きな音が出るものの、この作業だけ昼間に行っておけば、夜中でも音を気にせずリラックスタイムが演出できます。

シャープの発表会会場には、日本茶普及協会会長なども務めるお茶博士、大森正司大妻女子大学名誉教授が駆けつけ、「日本茶業界の救世主になるだろう」とコメントしました

シャープの発表会会場には、日本茶普及協会会長なども務めるお茶博士、大森正司大妻女子大学名誉教授が駆けつけ、「日本茶業界の救世主になるだろう」とコメントしました

発表会の会場で提供された、抹茶ラテ、抹茶粥、抹茶ムースの3点セット。いずれも苦味と甘味がほどよく合わさった上品な味わいでした

発表会の会場で提供された、抹茶ラテ、抹茶粥、抹茶ムースの3点セット。いずれも苦味と甘味がほどよく合わさった上品な味わいでした

発表会の会場で、実際にヘルシオ お茶プレッソで作ったお茶を試飲しました。茶葉を粉末にするので多少は粉っぽくなるのかと思いきや、案外そうでもなく、苦味もそれほど気になりません。ブラックコーヒーが飲めない人でも美味しく飲めます。苦味は苦手という人は、牛乳を使ってラテにして飲むのも良さそうです。

もちろん、お茶の粉末は料理にも使えます。製品には、天婦羅に使える抹茶塩や抹茶クリームパスタなどの作り方を掲載したレシピブックも同梱されるので、料理好きにはレパートリーを広げるチャンスですね。

価格はオープンですが、市場想定価格は2万5000円前後とのこと。コーヒーメーカーの分野では、ドルチェグストなどカプセルを使って一杯分のコーヒーを入れられる1万~1万5000円前後の製品が人気なので、それらより一回り高額な商品となります。

コーヒーよりはお茶が好きという人はもちろん、アクティブシニアや健康志向の高い主婦、父の日や母の日の贈り物を探している若者世代にも注目の商品となりそうです。

2月に都内で行われた説明会の詳細はマイナビニュースでレポートしています。

  【本格的な粉末茶が家庭や職場で手軽に楽しめる! シャープ「ヘルシオ お茶PRESSO」を味わってきた」】

 

 (諸山泰三)

このエントリーをはてなブックマークに追加
読者プレゼント

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ