カデン+レビュー

角丸外枠

2014.3.7

HDレコーダー東芝 レグザサーバー「D-M470」

新米ママの強い味方! 見逃し撮り逃しゼロ!

各局のテレビ番組を数日分まるごと全部録画する「タイムシフトマシン」を試しました。自由に時間の取れない子育て主婦にとっては、テレビの見方を激変させる、まさに“夢の機能”です。

時間になったらテレビの前に座って放送中の番組を見る、それが今までの私のテレビ視聴スタイルでした。しかし、子供が生まれると目が離せないため、時間通りのテレビ視聴などとても不可能。特に子供が泣いたときは、録画操作なんて悠長なことできないので、すぐにテレビを消します。結果、そのまま見逃したり、途中から見直しても話が分からなくなったりがほとんどに…。
そんなとき出遭ったのが、「タイムシフトマシン」機能搭載のレグザサーバー「D‐M470」。この製品のおかげで私のテレビの見方は激変しました!
タイムシフトマシンとは、複数のチャンネルを自動でまるごと録画する機能です。D‐M470では過去約1週間に放送した6チャンネル分の全番組が録画でき、好きな番組がいつでも視聴できます。このため、番組が気になって家事や育児に集中できないなんてこともなく、落ち着いてから、見逃した番組や続きをゆっくりと見られるのです。

fig_sp14_review01

年末年始にも大活躍!録画番組を効率よくザッピング

D‐M470が特に活躍したのがお正月でした。見たい時間が重なりがちな年末年始の特番をまるごと録画するので、わざわざ番組ごとに録画予約しなくても録画漏れが一切ありません。
我が家は年末年始を帰省先で過ごしたため、帰宅してから数日遅れでお正月の番組を見ました。タイムシフトマシンの録画一覧「過去番組表」では、リアルタイムの番組表と同じ感覚で番組をザッピングできるので、まるでお正月に戻ったかのような気分。育児の合間に長い特番もギュッと短縮して、見たい部分だけを見られ、よりたくさんの番組を効率よく視聴できました。
ちなみに、タイムシフトマシンでは、リアルタイムで番組がどんどん録画されていく一方で、古い番組は自動的に消えていきます。残したい番組は、過去番組表から選んで保存します。もちろん、通常の録画予約も可能です。

fig_sp14_review02
ph_sp14_review05
このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ