カデン+レビュー

角丸外枠

2013.4.21

NTTドコモのスマートフォン富士通 F-12D

かゆいところに手が届くらくらくスマートフォン

広い画面で親指や人差し指をスイスイ滑らせて、インターネットも簡単に使いこなしているスマホユーザーをシリ目に、先取の気風はあっても目が追いつかない、耳が追いつかない、そんな「大人」に最適なスマホです。

らくらくスマートフォン(らくらくスマホ)は、何と言っても文字が大きく表示され、はっきり読み取れるのが一番の特徴。スピーカーに工夫が凝らされ、雑踏の中でも通話相手の声がはっきり聞き取れるのも大きな魅力です。

ホーム画面は利用頻度の高い機能ほど上に配置されています。例えば「電話」ボタンは、ホーム画面の一番上にもっとも大きく表示。「メール」ボタンはその横に半分の大きさで表示といった具合です。画面を下部にスライドするとインターネットやカメラ、目覚ましなどいろいろな機能が利用できます。

スマホ画面
(左)「自分の電話番号」ボタンを押下すると自分の端末の番号を表示。
自分の電話番号を覚えていない人には大変重宝します
(右)操作やアプリの使い方などのヘルプは、文字が大きく表示され読みやすくなっています

筆者の老いた両親や編集部の「大人」に触ってもらったところ、みんな興味津々。「音量ボタンが使いやすい」「カメラのズームが分かりやすい」「ボタンの上で指をはわせて確かめながら操作できるのはいいが、もう少しスピード感があってもいい」「dメニューが何だか分からない」など、賛否両論いろいろな意見が聞けました。筆者が特に良いと感じたのはカメラ機能。撮影シーンを自動判別してモードを設定できます。

QRコードに合わせれば自動的にQRコードと認識して読み取るスグレモノです。
(編集部/T・M)

カメラは自動でモード設定

カメラ画面
夜間なら自動的に夜景モードに。カメラの画素数は約810万
このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ