カデン+レビュー

角丸外枠

2013.4.20

東芝のロボット掃除機Smarbo V VC−RB8000

ベテラン主婦が“まいった”と言った ペットを飼っているお家は必需品!?

「ロボット掃除機って、本当のところどのくらいの実力があるの…?」。ロボット掃除機に対して多くの主婦がこうした素朴な疑問を抱いていることでしょう。そこで、わが家のベテラン主婦(妻)にその“実力”を試してもらいました。

「スマーボV」が到着した初日。妻の第一声は、「掃除は私が毎日してるから、ゴミはあまり取れないんじゃない」というもの。「週に1回くらいしか掃除しないヤングママならいざしらず、お掃除好きのベテラン主婦には無用の長物」といった懐疑的な態度がアリアリ。

翌朝、充電しておいた「スマーボV」を作動。フローリングの部屋で動かしてみました。30分後、妻が「おやっ」と言ったのはダストボックスを引き出して中のゴミの量を確認した時。「こんなにゴミが取れている…。髪の毛やホコリって掃除してもすぐ出るのね」。次いで、「パートに行くウイークデーはスマーボVに任せて、私は土日だけお掃除すればいいかも」とポツリ。

スマーボVは、「掃除したルートを記憶しながら、部屋中を4回キッチリ掃除する」という機能が大きな特徴。その実力がいかんなく発揮されたようです。

スマーボ
1.フローリングからじゅうたんへは楽々と移動できました
スマーボ
2.掘りごたつは直前で感知。上手に回避して落ちませんでした
スマーボ
3.我が家のフローリングで掃除。ダストボックスを見ると、結構な量が

ペットの抜け毛の量に実家の両親もビックリ

日曜日には近くに住む妻の実家にスマーボVを持参。実家ではマルチーズを2匹飼っており、抜け毛に悩んでいました。早速、ペット2匹が駆け回るリビングで運転スタート。最長運転時間である1時間までみっちりお掃除の後、力尽きたスマーボVのダストボックスをチェック。

写真のように、抜け毛などギッシリ詰まったゴミの量に、自宅の両親もビックリして、「しばらく、家で使いたいから置いてって。それよりどこで売っているの?」と、今にも購入に走りそう。

「スマーボVは、ベテラン主婦の有能な助手。ペットのいる家庭には必需品」というのが率直な感想でした。(編集部/C・T)

スマーボ

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ