カデン+レビュー

角丸外枠

2013.5.1

象印マホービンのIH炊飯器極め炊き NP-GF05

ひとり暮らしに最適! 「金芽米」メニューに注目

お粥から玄米、手作りパンまで幅広く対応し、今話題の「金芽米」専用メニューを搭載した少量からでも美味しく炊ける3合炊きのIH炊飯器です。

お茶碗一杯から炊ける!

ひとり暮らしをしている人や子供が独立した夫婦など、5合炊きではどうしても余ってしまう家庭では、必然的に3合炊きの炊飯器を選びたくなります。しかし、3合炊きの商品だと機能も抑えられ、調理好きや美味しさを重視する人には魅力減に見えがち。

そんな悩みを持つ人に注目してほしいのが象印の「極め炊き NP-GF05」です。コンパクトな3号炊きながら、お茶碗一杯分(0・5合)からでも美味しく炊けます。ひと目で分かる大きな操作ボタンやくっきり表示で見やすい液晶モニターを備え、視力の衰えたシニアでも見間違えたりしません。

実際に炊いてみると、口に含んだときこそやや歯ごたえを感じましたが、噛んでみればふわっとした柔らな食感でした。もちもちした食感や口いっぱいに広がる甘みに、思わずご飯だけでお茶碗一杯たいらげてしまいそうでした。

「金芽米」が美味しく炊ける!

中でも注目は、業界初の「金芽米」専用メニューです。金芽米は、同社独自の精米方法により栄養を豊富に含む「金芽」部分を残したお米で、ビタミンB1、E、食物繊維などの栄養素がしっかり摂れるのが特徴。ヘルシーやダイエットで話題の「タニタ食堂」でも採用されています。「極め炊き」では、通常の白米炊飯よりも予熱と沸騰維持の時間を長く取り、たっぷり水分を吸収させてコクと甘みをしっかり引き出します。

充実の炊飯メニューでは、金芽米だけでなく健康志向の人にオススメの玄米、雑穀米はもちろん、炊き込みご飯、お粥、さらには無洗米にも対応。消費電力を抑えた「エコ炊飯」や、家庭で焼きたてパンが楽しめる「パン(発酵・焼き)」などの便利なメニューも搭載し、メロンパンのほか、イタリア料理の平たいパンのフォカッチャまで作れます。

コンパクトな外観に、お茶碗一杯から炊ける手軽さ、バリエーション豊かなメニューと、新生活を始める人にもオススメの炊飯器です。
(ライター/ユータック・近藤智子)

ボタン画像
操作しやすい大きめボタン。
液晶画面を見ながら簡単にメニューを選べます。
炊き上がり画像
厚さ1.7mmの「まる厚釜」で、釜全体へ熱が均等に伝わります。炊き上がりはとってもふっくら
ご飯の画像
甘みがたっぷり!
豊富な栄養素を含んだ金芽米を、専用メニューで堪能できます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ