2014 Spring Vol.24

ホームベーカリー、ベーカリーレンジを試してみた。我が家でパンパーティー!

焼きたてのパンの香りでお友達をおもてなし…。憧れる人も少なくないはず。でも、いざホームベーカリーを買うとなると、果たして使いこなせ るのか、使いやすさはどうなのかが気になるところ。家事全般に精通するライター集団クレアが、実際にパンを焼いてパンパーティーに挑戦!
(文/暮らしのチーム クレア家事総合研究所、撮影/藤原善幸、イラスト/赤江橋洋子)

パンパーティーの写真
パンパーティーで使用したホームベーカリー

今回試用したのは、象印マホービン「BB-SS10」、タイガー魔法瓶「KBH-V100」、日立「ヘルシーシェフ MRO-MBK5000」。各商品の特徴については次のページで紹介しています

美味しいパンを焼く基本の〝き〞

まずは新鮮な材料を揃えましょう。ドライイーストや天然酵母が古いと失敗の原因になるので要注意。小麦粉は主に強力粉を使います。専用ミックス粉を使う場合はメーカー指定のものを選びます。 材料が揃ったら正確な計量を。0.1g単位まで計れるデジタルスケールがオススメ。温度の管理も重要です。室温が25℃以上の夏場は約5℃の冷水を用意します。レシピにある順序どおりに材料を投入しますが、その際、ドライイーストは水に触れさせないよう注意してください。 焼き上がったら、すぐにパンケースから取り出しましょう。コツをつかめば、誰でも簡単に美味しいパンが楽しめます。

焼きたてパンのできあがり!思っていた以上に各社の特徴が出ました

詳細は紙面で

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ