2014 Winter Vol.27

どうする?わが家の2台目問題!掃除機もう一台

最新の高機能掃除機を使い分けて、ラクラクお掃除しちゃいましょう!
(文/暮らしのチーム クレア家電総合研究所、イラスト/赤江橋洋子)

家庭の掃除機の悩み例

「今までの掃除機だけでは物足りない!もっとキレイに!もっと便利に!」そんな果てしないお掃除欲を満たしてくれるのが、今どきの進化した掃除機です。こだわりどころは人それぞれ。気になる汚れに合わせて2台目、3台目の掃除機を使い分ければ、時間も労力もぐっと短縮できます。

布団専用機やスチーム、高圧洗浄機など、これまで業務用だった掃除機が一般家庭でも使われるようになってきたほか、海外メーカー製が目立っていたお掃除ロボットに、国内メーカーが存在感のある製品を発売して話題になっています。

お掃除中に空気の消臭・除菌までする掃除機や、かわいい声でコミュニケーションできる掃除機、ゴミを掃除機からダストボックスに移してこまめなゴミ捨ての手間を減らした掃除機など、各社アイデアが盛りだくさん。最新掃除機事情を知って、得しちゃいましょう。

A子さんイラスト(お掃除を後回しにしてしまいがちなA子さん。お買い物や他の家事の間に誰かがお掃除してくれたらいいのになぁ)

いまどきのお掃除ロボットは、賢くて静かなものが主流。サイズもコンパクトで日本の家屋にぴったり。小回りがきいて、ベッドの下や椅子の間もスイスイ。室内の空気をキレイにしたり、他の家電やスマホと連携できる機種もあります。

掃除機選び、ココがポイント!いいところ比べ

お掃除ロボット

自分や家族の留守中に、効率良くお掃除できるのが一番の特徴。スマホによる遠隔操作や空気清浄機能など最新技術も搭載。日本の住宅事情に合わせた静音設計などにも注目です。

サイクロン掃除機

吸引力が落ちないサイクロン掃除機は、持続するパワーが最大の魅力。紙パック不要でランニングコストがかからないのも嬉しいポイントです。

紙パック式掃除機

紙パック式掃除機は、お手入れが簡単。吸引力が強いので、大きめのゴミを吸い込む時に特に威力を発揮します。手が汚れず粉塵が舞わない「紙パック、ポイ」はやはり大きな魅力です。

用語解説

HEPAフィルター=空気清浄機やエアコンなどによく採用されている、非常に目の細かいフィルターのことです。直径0.0003mmの粒子を99.97%以上捕集できます。

詳細は紙面で

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ