2015 Summer Vol.29

涼しいお部屋の作り方!(知ってる?あなたの知識を試します!)

「エアコンの設定温度でケンカになる」、「お部屋全体が涼しくならない」、「リビングに隣接したキッチンが暑い」…。夏になるとエアコンにまつわるトラブルが発生する家庭も多いようです。でも大丈夫!最近のエアコン機能は数年前と比較すると、大きく進化しています。ここでは、クイズ形式で問題を解きながら「家族みんなが幸せになる」そんなエアコンを探しましょう!(文/倉本 春、イラスト/ヴィバーチェ)

A4用紙向け印刷用PDFをダウンロード

エアコン購入前設置確認シート

エアコンの設置場所などを前もってチェックしておきましょう。設置時間の短縮やトラブルの防止になるほか、工事の見積りや相談の時にも役立ちます。

Check1、住居

木造、鉄筋コンクリート、一戸建て( 階建て 階に設置)、アパート( 階)、マンション( 階)/エレベーター( あり ・ なし )、賃貸住宅の場合、管理者の承認( あり ・ これから受ける )、駐車スペース( あり ・ なし )、リサイクルするエアコン( あり ・ なし )

Check2、電源

設置場所にエアコン専用回路(コンセント)がある 設置場所にエアコン専用回路(コンセント)がない 、ある場合は、コンセントの形状とアンペア数に ○印を付けてください

Check3、お部屋の間取り

【A】室外機の設置予定の場所に○を付けてください

室外機の設置よてい場所イラスト

【B】室内機の設置スペースを確認してください。配管穴がある場合はその位置も確認してください

エアコンの幅と高さを確認する

【C】右下の項目をチェックし、下にエアコンを設置する部屋の間取りを記入してください

エアコン設置予定の場所、配管穴(あり・分からない・なし)、延長管(必要・分からない・不要)、隠蔽配管(管が通っているところが分かれば記入してください)、お部屋の向き(東・西・南・北)

設置したらチェック!

夏でも暖房運転の確認が必要です。冷房と暖房を切り替えて運転させましょう。空気の吹き出し口に手をかざせ ば、温風が出ているかが分かります。必ず設置工事の人がいる間に確認し、初期トラブルを防ぎましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ