2015 Autumn Vol.30

マンションやアパートでも簡単育成!LED水耕栽培でおてがる家庭菜園

LEDを利用した水耕栽培をご存知ですか?
いまや屋内工場で野菜が水耕栽培できる時代。家庭向けの栽培キットも安価で販売されています。初めてLED水耕栽培する人のために運用ポイントをまとめました。
(文/編集部、イラスト/佐藤真理子)

水耕栽培イラスト

植物の生長と収穫を手軽に体験できるのが、L E D 水耕栽培の最大の魅力です。天候に左右されない屋内で、害虫の被害もほとんどなく、頻繁な水やりも不要。L E Dによる促成栽培なので2週間〜1カ月程度で収穫可能です。

一方、導入費用や消耗品の費用を考えると、収穫で食費を節約するのには向いていません。癒やし効果も期待できるお部屋のインテリアとして活用したり、小さな子供でもお世話できるので、情操教育などに利用すると良さそうですね。

LED水耕栽培の運用ポイント

● 水は生長途上は特に重要なので切らさないようにしましょう

● 水をやりすぎてびしゃびしゃにしないこと。特に冬場は根腐れの原因になりやすいです

● 苗床の全部に一度に種を蒔くのではなく、タイミングをずらした方が収穫物の消費が容易です

● プレートごとの播種がお手入れしやすくてオススメ

● 発芽しないものや生長の悪いものは取り除きます

● スポンジは日光に当たると黄色く変色することもありますが問題ありません

● スポンジはリサイクルもできますが基本的に使い捨てでOK

これ大丈夫?

藻が生えてきた!

室内で育成しているとスポンジが緑色に濁ることがあります。この緑色の正体は藻。栄養剤の影響で自然に湧きますが、藻がこんもり生い茂るといったことはないので心配無用です。収穫した後は丁寧に洗い流してください。

藻が生えているスポンジ

藻に取られる栄養分はほんの僅かなので気にしなくて大丈夫。気になる場合は軽く水洗いでOK

LED水耕栽培に向いている植物

サラダ菜、カイワレ大根、バジル、小松菜、大場(その他にも、水菜、ルッコラ、チコリなどがオススメです。)

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ