2015-2016 Winter Vol.031

あったか我が家の作り方 賢くオトクに暖房!

最新エアコンは省エネ性能が飛躍的に向上!部屋を暖めるスピードもアップし、足元が暖まりにくいなどの不満も解消しています。寒がりと暑がりの両方が快適に過ごせる工夫も凝らされるなど魅力満載。ぜひ最新のエアコンをチェックしてください!
(文/石井和美、イラスト/佐藤真理子)

エアコンを10年ぶりに買い替えると何が起きる!?

最新エアコンのトレンドは、足元から暖めて底冷えを防ぐ機能です。センサーを備えているエアコンの多くは、室内にいる人の位置、体感温度、部屋の形状や家具の配置、陽射しの状況、床の材質などまで見分け、気流をコントロールします。

暖房や冷房の吹き出し口のほかにファンの形状の工夫や改善で、部屋全体にムラなく暖気を届けるタイプも人気です。

また、消費電力(電気代)も大幅に削減され、家計にもやさしくなりました。自動お掃除機能により、面倒なフィルター掃除も不要です。10年前のエアコンと比較すると、機能も電気代も大きく変わっているんです!

10年前と大きく変わった最新エアコン

「霧ヶ峰 ADVANCE FZシリーズ」(三菱電機)

「霧ヶ峰 ADVANCE FZシリーズ」(三菱電機)

世界で初めて2つのファンを搭載!新コンセプトのエアコン

「白くまくん Xシリーズ」(日立)

「白くまくん Xシリーズ」(日立)

「エコにたし算」のCMでおなじみ♪「くらしカメラ4」でさらに快適に

「nocria Xシリーズ」(富士通ゼネラル)

「nocria Xシリーズ」(富士通ゼネラル)

気流を制御するデュアルブラスター搭載 L字型や天井の高い部屋でも快適

暑がり父さんと寒がり母さんも夫婦円満

「エアコンの温度設定」は、夫婦間のモメ事で多い案件ではないでしょうか。暑がりのお父さんと寒がりのお母さんでは、快適に感じる温度が違います。手先・足先の体感温度を計測しながら、寒がっている人を見つけて個別に温風を送る機能も、最近のエアコンのトレンドです。

体感温度は人それぞれ…→10年ぶりに買い替え!!→去年までの悩みを今年は解消!

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ