2016 Autmn Vol.034

最近よく聞くIoTってなんだろう?SF映画の家電が我が家で使える!

最近、ニュースなどで見かける「IoT」という単語。これは「Internet of Things」の略で、直訳すれば「モノのインターネット」となります。IoT家電は、単純に「インターネットにつながる家電」と読み替えても良いでしょう。今後各カテゴリーで続々と対応製品が登場する予定です。(文/家電ライター:倉本 春)

文/家電ライター:倉本 春

文/家電ライター:倉本 春 IoT系ガジェット大好き!IoTフォークやIoT歯ブラシなど、なんでもIoT化する最近の風潮に未来を感じてワクワクしています

IoT家電で実現する3つの「便利」

近未来感溢れるIoT家電ですが、具体的にどんな利便性があるのでしょうか。
最も代表的な機能が①遠隔操作です。例えば、IoTテレビならインターネットとつなげることで、外出先からスマートフォン上で番組チェックや録画予約などの操作ができます。また、IoTエアコンなら帰宅前にエアコンを操作して、帰宅時に室温を快適にしておくことも可能です。この他、照明や空気清浄機、調理機器、お掃除ロボットにも良いですね。
IoT家電のもう1つの機能が②モニタリング。外出先から自宅のエアコンの稼働状態をチェックすれば「今、エアコンが入っているから、子供が帰宅したんだな」といった確認に利用できます。防犯カメラや見守り装置等と相性が良い機能です。
代表的な機能の3つめは、③クラウドへのデータの蓄積と、蓄積した情報の利用です。IoTオーブンレンジの中には毎日の食事データを蓄積し「今週は肉料理が続いたから、今夜は魚の香草焼きはいかがですか?」などと、インターネットから自分に最適のレシピを提案する商品も登場しています。次のページでは、この3つめの機能に優れたIoTマッサージチェアを見てみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ