2016 Autmn Vol.034

生活力の高い主婦ほど注目!!最新縦型洗濯機を選ぶ理由

洗濯機の平均寿命は8〜10年。そのくらいで調子が悪く感じたら、寿命が近づいているのかも。動かなくなって慌てないように、早めに欲しいタイプを選んでおきましょう。今回は、洗浄能力と使い勝手で根強い人気を誇る縦型洗濯乾燥機をご紹介します。 (文/石井和美、 イラスト/石井里果)

洗濯機の性能は、この10年間で大きく進化しました。電気代や節水性はもちろんですが、特に注目したいのは豊富な機能です。ドラム式が高いデザイン性で人気になる一方で、縦型洗濯機はお洗濯にこだわる主婦層から改めて注目されています。

洗い方を細かく制御出来る

日本の家電メーカーは長らく縦型の洗濯機を作ってきました。このため、お洗濯へのこだわりに応える機能はドラム式より縦型に一日の長があります。しつこい汚れまできちんと洗いたい、洗濯物の種類や汚れ方によって細かく洗い分けしたい、外干ししたいといったニーズにしっかり応えてくれるのです。
縦型は衣類とたっぷりの水を洗濯槽の底のパルセーターで回して、もみ洗い中心のお洗濯をします。たたき洗い中心のドラム式に比べると、頑固な汚れまで落ちやすく、黄ばみややんちゃ盛りの子供の泥汚れにも有利。また、最近は洗濯容量がアップしており、毛布などの大物洗いもできます。
さらに、最新モデルはデリケート洗いが進化しています。ワンピースやセーターもやさしく洗えるため、大事なお洋服がお洗濯のたびにヨレヨレになっていくといったことも防げます。クリーニング代が節約できるのも嬉しいですね。
もちろん、洗濯乾燥機なら乾燥もできるので、雨の日も安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ