2017 Autumn Vol.038

ガンコな汚れもしっかり落とすおしゃれ着もおうちクリーニング

縦型洗濯乾燥機は今も大人気! 強力な洗浄力でしっかり洗え、コンパクトで使いやすいから、買い替えの時にまた縦型を選ぶ人が多いこともうなずけます。大容量化、おしゃれ着洗いなど機能がどんどん進化しており、ますます目が離せません。(イラスト/サワダサワコ)

広い投入口で大容量
毛布もラクラク洗濯

 先日、我が家で10年以上前に買った洗濯機が壊れ、新調しました。私が一番にこだわったのは、「大容量」。小さい子どもがいると、病気などで汚した寝具もすぐにまた洗って使いたいからです。 10〜12 ㎏の大容量洗濯機なら、寝具も洗濯から乾燥まで一回で終えられます。洗えるのは、化繊・綿の毛布、そして羽毛・化繊の掛布団など。ただし、機種ごとで洗濯〜乾燥までの容量や、洗うときの入れ方などが違うので、確認が必要です。
最近は共働き家庭のまとめ洗いも増えています。洗濯物が膨大なお宅も、大容量の洗濯機なら、洗濯回数を減らせます。電気・水道代はもちろん、時間も節約できますから長い目で見てとてもおトクです。

オシャレ着もやさしく洗えます

オシャレ着洗い機能も進化して、いろいろな衣類が洗えるようになりました。やさしい水流とやさしい脱水により、ニット類(カシミヤ、ウール、アンゴラ)や、芯地のないジャケット、学生服など、手洗いすらためらっていたものが簡単に洗えるんです。ただし、洗う際には衣類についた洗濯マーク※をきちんと確認し、洗濯機メーカーのウエブサイトや取扱説明書などで、洗える素材や洗うときに必要な前処理などをきちんと確認しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ