2017-2018 Winter Vol.039

最新LEDシーリングライトならリビングが変わる!あかりが楽しめる!

LED照明の登場から既に10年以上。それでも普及率は約36%と4割を超えていません。最新LED照明はより進化しています。初期にLEDを購入した人も、初めてLEDを買う人も、最新LEDライトを知ればきっとほしくなるはず!

個室タイプも登場!

LEDシーリングライトの普及率が思うように伸びないのは、初期に購入した人が「LEDは天井や部屋の隅が暗い」「色を変えたり、様々な演出ができない」といった不満を持っていることと、リビング中心で購入したことなどが理由です。最新機種は、こうした不満を払拭したモデルが続々と登場。さらに、日立からは子供部屋にオススメの「まなびのあかり搭載タイプ」や、寝室にオススメの「深夜灯搭載タイプ」が発売されるなど、個室用のタイプも登場しており、今が買い時です。

演出照明も可能に

パナソニックが、LED購入時の不満に対する調査を実施したところ、価格と性能・機能の違いがわからない、という悩みがあることがわかりました。そこで同社は透明パネルを採用し、デザイン性だけでなく、センター光とパネル光の切り替えにより、見た目の演出力を高めた「AIR PANEL LED」(P30参照)や、スクエアデザイン(同)のタイプも投入しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ