2018 Spring Vol.040

しっかり洗ってしっかり乾燥、こんなに多いドラム洗乾のメリット

ドラム式洗濯乾燥機は、大きなドラムを回転させて衣類を高い位置から落とす叩き洗いにより、汚れをしっかり取り除きます。乾燥時も、大きなドラムの回転でムラなくふっくら仕上がります。低温乾燥で衣類が傷みにくく、おしゃれ着洗いやダニも一掃でき、家事も減らす。まさにいいことづくめの洗濯機です。<文/えりこママ、イラスト/サワダサワコ>

衣類干しからの解放
ドラムは働く主婦の味方

今、ドラム式洗濯乾燥機が再注目されています。ドラム式は洗濯から乾燥までの時間が縦型洗濯機よりも短く、しかも衣類全体をカラッとしっかり乾かせ、電気代も比較的安い。共働きなど忙しい家庭に最適ですが、干す作業が身体的にキツいシニア世代や、独身ビジネスマン、花粉や黄砂、排気ガスなどが気になって外干ししたくないという人もドラム式を買い求めています。
洗濯物を干して、乾いたら取り込む、という作業は結構な労力と時間がかかります。ドラム式洗濯乾燥機なら、その労力も時間も削減でき、その分、自分の楽しみや家族との団欒に使えますよ!
機能・性能も進化しています。パナソニックのモデルは液体洗剤と柔軟剤の自動投入機能を新搭載、日立はセンサーが洗剤の種類と汚れ具合を判別して洗い時間などを自動コントロールするなど、さらに使いやすくなりました。10〜12㎏の大容量洗濯機も登場、ためこんだ洗濯物をまとめて洗え、例えば日立のドラム式なら羽毛の掛布団などの大物も洗濯から乾燥までを一気にできます。小さな子どもが汚した寝具などを洗うのにもとても便利ですね。

洗浄力は縦洗と同等
ふわふわ乾燥が心地よい

ドラム式は、横に傾けた洗濯槽を回転させて衣類を持ち上げて下に落とす「たたき洗い」と、洗濯槽を素早く反転させて小刻みに衣類を動かす「もみ洗い」の組み合わせで洗濯します。温水を使って黄ばみなどのしつこい汚れ落としや除菌もできます。今や洗浄力は縦型洗濯機と差がありませんが、洗濯時に使う水の量が縦型に比べて少なく、大幅な節水ができるのがメリット。 乾燥も、大きなドラム槽内で衣類を踊らせながら温風を吹きつけることで、むらなく、ふんわり乾かします。タオル地はパイルが根元から起きてふわふわに! 私はこの仕上がりが大好きで、タオルや寝具類は必ず乾燥までしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ