2018 Summer Vol.041

運動会やイベント撮影は当たり前!JVC『Evエeブリオrio R』の魅力

雨やホコリに強いから女性でも大胆に使える!

JVCの『Everio R』シリーズは、〝QUAD PROOF〟と呼ばれる防水・防塵・耐衝撃・耐低温の4つの保護性能を備えたDVカメラ。そこでちょっとタフに使ってみました。 その実力が遺憾なく発揮されたのが我が子の野球の試合での撮影。急に雨が降り始めましたが傘もささずに撮影続行。相手チームはカメラを守るために、撮影者と傘をさす人の二人がかりでしたが、こちらが雨の中でも平然と撮影している様子にビックリ。「どこのビデオカメラ?」と聞かれ、「JVCのエブリオRよ」と答えると、「凄いビデオカメラですね」と驚嘆していました。『GZ-RX680』はWi-Fi機能搭載。スマホと接続可能で、その場で動画をネットにアップしたり、メールで送ったりと、友人と共有できるのも魅力です。
なお、今春に発売された4K対応ビデオカメラGZ-RY980のモニター体験レポートもあわせてご覧ください(P21参照)。

Everio R GZ-RX680だから楽しめるこんなこと!

頑丈だから壊れにくい撮影を大胆に楽しめる

自転車に固定して撮影できるJVC純正ロールバーマウントを装着して撮影。ライトなアクションカメラの感覚で、非日常的な風景が撮れて息子は大喜びでした

防水・防塵だから濡れても汚れても平気

屋外での撮影は思った以上にカメラに砂埃が付着しているもの。Everio Rなら汚れても丸洗いOK。写真のように泥水の中に落としてしまっても大丈夫でした

ハウジング不要!水中撮影もそのままオーケー

JIS 防水保護等級8級(IPX8)相当の防水性能を持つRX680。水深5m以内なら1時間、1mなら4時間まで撮影可能です。ハウジングを付けなくても、そのままドボンと水中撮影できます

内蔵バッテリーで最長約4時間半の撮影

Everio Rのバッテリーは内蔵型。RX680はフルHD動画でも最長約4時間半の撮影ができるので、予備バッテリーがなくても十分。万が一の時にもモバイルバッテリーからUSB経由で充電可能なので安心です。内蔵メモリーは64GB

Wi-FiでスマホとつなげてSNSで即シェア!

Wi-Fi機能を搭載しているRX680なら、スマホと接続してデータの転送もOK!撮れたての動画もそのままSNSでシェア!ママ友と大いに盛り上がりました

Wi-Fi不要派にエントリーモデルも!

GZ-R480は、Wi-Fi機能はなくてもよりリーズナブルなカメラが欲しいという人に向けたエントリーモデル。Everio Rの最大の魅力である”QUAD PROOF”をはじめ、Wi-Fi以外の機能・性能はそのまま。内蔵メモリーの容量は32GBとRX680の半分ですが、メモリーカードによる増設が可能です

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ