2018 Autumn Vol.042

お父さんのお酒のおつまみだけじゃない!燻製家電は主婦の強い味方!

燻製 が手軽にできる家電が注目されています。燻製作りは煙が出るし、ニオイが気になるし、手間がかかるので家の中では絶対ムリと思っていませんか?! 答は「ノー」です。燻製家電は主婦の強い味方です。

冷蔵庫の残り物を燻製にリメイク

燻製家電は「晩酌にピッタリの燻製」を作るだけではありません。次のようなメリットを実現します。

1.オリジナル燻製で「お・も・て・な・し」

冷蔵庫の残り物だって燻製すれば、いつもと違う新しい一品にリメイクできます!例えば、チーズ、ちくわ、かまぼこ、ウインナー、ソーセージ、ツナ。いつもの食材が新しい料理に変身。これなら、急なお客さまがきても立派な「お・も・て・な・し」ができますね。

2.秘伝の燻製調味料が実現

塩やしょうゆ、オリーブオイルなどの調味料を燻製すればわが家だけの秘伝の燻製調味料が完成♪いつもの料理に燻製調味料を足すだけでオリジナルレシピが出来上がり。

3.パーティを盛り上げる名脇役

燻製料理は、ハローウィンパーティやクリスマス、お正月などみんなが集まるパーティにも最適です。たくさん作れる燻製家電や3〜10分で作れる簡易燻製器を併せて使えば大勢のお客さまにも対応でき、オリジナルメニューなので特別感もアップ。パーティがさらに盛り上がりますよ♪

燻製家電は好みにあわせて選ぼう

 燻製家電は大きく分けると3つのタイプにわかれます。一つは燻製専用のタイプで、「燻製スモークロースターGLICINE 」です。燻製容器の下側の底にチップを敷いて上側でフタをするだけ。上下で煙を閉じ込めるので、煙やニオイもあまり気になりません。また、網も2段使えるので一度にたくさん作れます。2つ目は燻製以外にもロースターやトースター機能のある複合タイプ。パナソニックのスモーク&ロースター「けむらん亭」では肉や魚が焼けるロースターが併せて使えます。そして3つ目は、コンパクトな簡易燻製機タイプ。グリーンハウスの「フードスモーカー」、ドウシシャの「もくもくクイックスモーカーS/L」などで、手軽に燻製風の香り付けができます。置く場所もとらないのでテーブルの上で燻製作りが可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ