2019 Autumn/Winter Vol.046

電気自動調理鍋〜つきっきりで時間をかけて…はもう古い!?一家に一台欲しくなる「自動調理鍋」の魅力

材料を入れるだけ、あとはほったらかしで調理をしてくれる「おまかせ調理家電」。子どもがいるなど人数の多い家庭にとってもありがたい商品ですが、実は1人暮らし・2人暮らしの人たちにも注目されています。多くの人に愛されるその魅力を、あらためて紹介します!

近年急速に人気を広げている「自動調理家電」。材料をセットしてボタンを押すだけというお手軽さは、毎日の料理をぐっとラクにしてくれます。
「炊飯器調理と何が違うの?」「数回使って放置しそう…」と感じる人も多いようですが、実際に使ってみるとその便利さ、調理の幅広さを実感できます。また、手動で作ると、同じように作っているつもりでも思った味に仕上がらないことってありませんか? 自動調理鍋なら、「あの時作ったあれが食べたい!」を確実に何度でも再現してくれます。

調理家電と炊飯器は似て非なるもの?

それに、手動ではなかなか実現できない料理も手間なく簡単です。例えば魚の煮つけ。自動調理鍋を使えば放ったらかしで骨まで食べられる絶品煮つけが完成します。これを手動で作ろうとすると、なかなかに手間ですよね…。ほかにも塩麹やヨーグルトなどの発酵食品もラクに作れます。発酵食品は高温になると菌が死んでしまうため、温度管理が必須。自動で温度調整をしてくれる自動調理鍋なら、スイッチを押したらあとは放っておくだけ。
予約調理も忙しい人にはぜひとも活用してほしい機能です。一般的な「予約」というと、セットしておくと決まった時間までは何もせず、時間になると動き出すものを想像しますよね。でもそれだと特に夏場の長時間の放置が心配。自動調理鍋の予約は、ある段階までは調理を進めて、食品を腐らせない温度で時間まで管理しておいてくれるのです。これなら安心して予約できますよね! 時間を選ばず準備ができるので、私も日々活用しています。

料理ライター 冨田玲奈

続きは誌面をご覧ください。配布店舗をチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ