2019 Autumn/Winter Vol.046

理美容家電特集:貴方のお悩みを解決する この冬注目の理美容家電

この冬注目の理美容家電が続々と登場しています。クリスマスやお正月、バレンタインなどで、大切な人や1年間頑張った「私」へのご褒美に「キレイ」をプレゼントしてみてはいかが!?

文/理美容家電ライター:倉本 春

冬こそ美容ケアの季節  進化した理美容家電でケアを

秋から冬にかけては空気が乾燥し、肌や髪などが荒れやすい季節。夏に受けた紫外線のダメージが現れるのもこの時期です。そんな厳しい季節にオススメなのが大きく進化した最新理美容家電です。
進化が目覚ましい代表的な商品が女性用のドライヤー。ドライヤーは長らく髪を乾かすためだけのもので形状もほとんど一緒でした。しかし、ここにきて、乾燥時間を大幅に短縮したり、髪や頭皮をケアする商品が登場。
男性用理美容もトレンドが変化しています。キーワードは「清潔」。シェーバーやドライヤーに加えて、ムダ毛やスネ毛など体毛カット商品が登場しています。
男性用・女性用を問わずに注目されているのが、「ここが気になる」というお悩みを解消する部位別理美容家電。スマホの長時間使用で疲れた目や手首をケアする商品が登場しています。
「介護用」として活用されているアイテムにも注目です。電動爪切り機や角質ケア、エチケットカッターなどは寝たきりの病人や体の不自由な人にとっては重宝する製品ですが力が弱ってきている方にもオススメです。

男性理美容家電は「手軽に清潔感アップ」がキーワード

男性がひげ剃りしているイメージイラスト

男性用理美容家電は「清潔感アップ商品」がトレンドです。代表的な商品がシェーバー。ブラウンの「シリーズ9」は、チタン加工リフトアップ刃やくせヒゲキャッチ刃など5カットシステムであらゆるヒゲを捕らえてシェービングするので、お顔の身だしなみは万全です。パナソニックの「ラムダッシュ5枚刃」も肌にあてるだけで深剃りでき、鼻の下もキレイに剃れます。
ヘアトリマーは、「86%の女性は毛深い男性はNG」という調査結果もあり注目度が一気にアップ。パナソニックの「ボディトリマー」は、スネ毛などをツルツルにするのが恥ずかしい場合は「ムダ毛を2〜9㎜単位で整える」ことも可能で、自然なケアができるのが特徴です。 シェーバーやトリマーは肌に刃が直接触れるので、水洗いできるかなどメンテナンスもチェックポイントです。

フェイス・ボディケア家電は「いつでも・どこでも」がキーワード

女性がフェイスマッサージ器を使用しているイメージイラスト

フェイスケアの王様ともいえるのが美顔器ですが、ひとくちに美顔器といっても用途によってさまざまな機能があります。パナソニックの「イオンエフェクター」は、イオン導入による美容成分の角質への浸透補助やイオン導出を使った肌の汚れの吸着、RFによるリフトアップ、EMSによる表情筋への刺激、LEDによる肌改善など、現在の美顔器の主流の機能を備えています。いまは複数の機能を1台に詰め込んだ多機能型の美顔器も増えているので、「最初の一台」に迷った場合は気になる機能を備えた多機能型を選ぶのもオススメです。
マッサージ分野で注目されているのがハンド用や頭用など機能特化した商品。アテックスの「ルルド マッサージャー リラギョ」は、スマホの長時間使用で疲れた手首をエアバッグとエアカプセルで心地よく刺激してほぐします。

ヘアケア家電は「+(プラス)キレイ」がキーワード

女性がドライヤーで髪をブローしているイメージイラスト

ここ数年で最も進化したのがドライヤーで、単に髪を乾かす機能に加えて、髪の痛みを抑えたり、保湿効果、地肌ケア、頭皮ケアなど髪を美しく保つ機能が搭載されています。パナソニックの「ナノケア」は従来モデル比18倍の「ナノイー」イオンの力で髪を保湿したり、60℃前後の低温の風でスカルプケアをしたり、UVケアなどの機能を搭載しています。コイズミの「MONSTER」は、「ドライヤーの熱を与える時間が短いほど髪が痛みにくい」という考え方から、通常1・5㎥/分以上が大風量と呼ばれるところを2・0㎥/分以上の大風量で速乾します。シャープのプラズマクラスタードレープフロードライヤーは、2つの吹き出し口から出る風で速乾。プラズマクラスターイオンで髪を保湿したり、静電気の摩擦によるキューティクルダメージなどのトラブルを抑制します。

続きは誌面をご覧ください。配布店舗をチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ