2013 Winter Vol.23

本格的な寒さがやってくる前に点検!我が家の今年はどうする?暖房

「じっと我慢」では乗り切れない、寒い冬がやってきます。備えあれば 憂いなし。生活スタイルやお好みに合わせた暖房器具を用意して、快適な冬を過ごしましょう。
(文/暮らしのチーム クレア 家事総合研究所、イラスト/赤江橋洋子)

1. スタンダードタイプ

家族だんらんの場をまんべんなく暖めたい!素早く、広い範囲を暖められるファンヒーターがオススメです。部屋全体が暖まるまで時間がかかりがちという、エアコンの弱点を補うために併用するのも◎

石油ファンヒータのイラスト

2. おひとりさまタイプ

一人暮らし、または夜に一人で机に向かうことが多く、寒いところをピンポイントで温めたい!足温器、電気ひざ掛け、デスク取り付けパネルヒーターなどで、 足元の保温を心がけて。あったか下着やガウンなどで首元や肩も温かくしておけばバッチリです。

靴下イラスト、暖かくしておけばバッチリです

3. 家電におまかせタイプ

 できることなら暖房機器に丸ごとおまかせしてしまいたい!頼りがいのある頭の良いエアコンが続々登場しています。加湿機能、空気清浄機能、自動掃除機能、スマートフォンとの連携機能…。ド~ンとおまかせしましょう

エアコンイラスト、全部おまかせください

4. 節約マスタータイプ

 省エネ熱心で、工夫や組み合わせが得意!省エネ暖房のコツはコンビネーション。エアコンとサーキュレーターなど、家電を上手に組み合わせましょう。年々アップしているエアコン自体の省エネ機能も要チェック!

エアコンと扇風機イラスト、組み合わせて省エネ

5. 鍋奉行タイプ

準備万端、冬の定番スタイルは崩さない!冬と言ったらコタツでミカン。コタツでお鍋を囲み、湯たんぽでぐっすり快眠…。卓上IHならお鍋の後片付けもカンタン。コタツの消し忘れには注意を。古き良き昭和なエコスタイルで冬を乗り切れ!

コタツイラスト、エコスタイルで冬を乗り切れ

知ってなっとく!

イラスト、家族の食事風景2014年はどんな冬になるの?

地球温暖化≠暖冬

ここ数年、寒さの厳しい冬が続いています。地球温暖化ならむしろ暖かくなりそうなもの。なぜでしょう? 最近の研究で冬の寒さには、北極海の海氷面積が関係することが分かってきました。それによれば、温暖化が進んだ今の北極は「扉の開いた冷蔵庫」のような状態なのだそう。 北極海の海氷が溶けた冷気が、厳しい寒さの原因になっているようです。

今年は平均並みからやや寒い

気象庁が9月25日に発表した全国寒候期予報(10月から2月までの天候見通し)によると、この冬の気温は沖縄・奄美ではほぼ平年並み、北日本、東日本から西日本は平年並みか低くなる見込み。また2014年は、北日本、東日本の日本海側だけでなく、西日本の日本海側でも雪の量が多くなりそうです。

暖房 ひと工夫

少し肌寒い日でも、部屋に一人のときなどは暖房を付けるのがもったいなく感じがち。ショールやひざ掛けがあれば暖房の設定温度を下げてもあったかです。体温を上げる生姜湯や紅茶もオススメです。

ショール3色

草木染 手織コットンショール 藍工房:http://www.aikobo.com/

暮らしのチーム クレア 家事総合研究所

チームクレア集合写真日々の家事からライフデザインまで、生活全般を研究する主婦を中心としたユニット。家事関連の全ジャンルに対応する精鋭ライターが集結しています。
http://www.workers-clair.jp/kasouken/

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ