2013 Winter Vol.23

【特集:AKテレビ】東京五輪を観るテレビを買う!超高画質「4Kテレビ」を体験!

数年前に買った30〜40インチのフルHDテレビから買い替えるのに、超高画質&超大画面の4Kテレビはうってつけ。2020年の東京五輪に備えて、リビングを最高の環境にしておきましょう!

そもそも4Kテレビって何?

 テレビ画面の画素数( 点の数。ピクセル数とも言います)が、従来もっともキレイと言われていたフルハイビジョン(フルHD)テレビの4倍もあるのが4Kテレビです。「K」とは単位1000を表すK のことで、横方向の画素が3840個、つまり約4000個あるので4Kです。
ガラケーなどで撮ったサイズの小さい写真をパソコンで開き、思い切り拡大すると、輪郭のギザギザやぼやけが目立ちますよね?
これらは画素数、つまり写真を構成している点の数が少なすぎるから起こる現象です。
2000年代前半に普及が進んだフルHDテレビは画素数が多く、それまでのSDテレビに比べて格段に綺麗になりましたが、さらなる進化を遂げたのが4Kテレビというわけです。
4Kテレビは2011年の年末に一般向けが初めて発売されましたが、それから2年が経過して性能がアップし、商品選択の幅が増え、価格もだいぶこなれてきました。まさに今が買い時と言えるでしょう

詳細は紙面で

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ