2014 Autumn Vol.26

コメ派も納得食べ比べ企画、高級炊飯器の大試食会(8機種徹底的に使ってみました!!)

本誌では家電とユーザーが出会える「カデンカフェ」を不定期で開催していきます。その記念すべき第1 回は炊飯器をテーマに開催。美味しいお米を高級炊飯器で炊くと、各モデルでどのくらい違いうものなのでしょうか。各メーカーから出そろった最上位モデルの炊飯器を一堂に集め、カデンの目利き達による大試食会の始まりです。
(主催/プラスワン・クリエイティブ カデンプラス編集部、文/編集部、写真/庄野正弘)

8メーカーの炊飯器が
ズラリと勢ぞろい
8メーカーの炊飯器が
ズラリと勢ぞろい

お米はアイリスオーヤマ提供の「つや姫」を使用

参加者のご飯をよそう写真

参加者の多くはメモを取りながら、「このご飯は、この炊飯器なのね」と、味と使用感の2つの面で自分好みの炊飯器を探している様子。炊飯器は毎日の食卓を支えるアイテムなので、味と使用感のバランスを確認する必要があります

参加者がパーツを確認する写真

ご飯の味だけでなく、スイッチの位置や取り外せるパーツ、内釜の重さや厚さもしっかりと確認

渡邉さんと作った料理

本誌で活躍する「料理番長」渡邉さんが塩辛・ドライカレー・ぬか漬け・ちりめん山椒、4種の“ご飯のお供”を手づくりで用意。他には明太子と梅干も

参加者がご飯を食べ意見交換する写真

さまざまなご飯とお供の相性を確認したり、炊飯器を触ったりとアットホームな「ごはんパーティー」といった雰囲気で、参加者同士が意見を交換しています

今回のカデンカフェの参加者は、日頃からカデンプラスに関わりのあるライターや、インターネットのニュースサイトや家電評価サイトの編集者が中心です。食やライフスタイルの変化に目を配り、最新家電を日々、厳しくチェックしている人ばかり。各メーカーの炊き上がりの違いに皆さん驚きの声をあげていました。さすがに各社の最上位モデルだけあって「どの機種も本当に美味しい」という声ばかり。 実は今回のカデンカフェのように炊き方やお米の銘柄を均一にそろえて提供する場はなかなかありません。同じ場所でさまざまな炊飯器で炊いたご飯を食べ比べたことで、自分がどんなご飯が好みなのか客観的に把握できた参加者も多かったようです。 自分に合ったご飯と炊飯器を探すには「野菜のおかずが多い」「カレーやどんぶり物などご飯に何かかけて食べるのが好き」など、日頃の〝食〞の傾向を把握しておくことが最初の一歩と言えるでしょう。次のページでは、参加者の声と共に各炊飯器の特徴を見ていきましょう。是非、あなたの美味しい一台を探す手がかりにしてください。タ

今回ご参加頂いた家電ナビゲーター

戸井田園子さん(家電コーディネーター)

戸井田園子さん

All About の家電アドバイザーなど多数のメディアで活躍されている戸井田さん。
「最新の炊飯器は、単純にご飯を炊くだけではない機能もあります。調理家電の1つとして捉えると調理に幅がうまれます」

石井和美さん(フリーライター)

戸井田園子さん

家電系メディアを中心に執筆中の石井さんは「ご飯の味はやっぱり、お茶碗によそってお箸で食べてみたときに感覚が大 事。普段の食生活に合わせた味や食感で探すといいと思います」とアドバイス

さらにお楽しみ

お弁当などで冷めたご飯を食べる機会もあります。どの炊飯器も炊き立てとは違った印象になるので要チェックです

おにぎり

料理番長によるお手製おにぎりも用意

おにぎりを作っている写真

タイガーから新登場の「IH陶板焼き器」も活躍。詳しい内容はP24のレビューへ

陶板焼き写真

炊飯器の他にも話題の家電を用意。シャープのお茶プレッソでつくった飲み物を提供

エスプレッソマシーン
このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ