2015 Autumn Vol.30

2015年秋の炊き比べ。高級炊飯器厨房でで食べてみた!

本誌では家電とユーザーの出会いの場を提供する「カデンカフェ」を不定期で開催しています。今回は昨年好評だった高級炊飯器の炊き比べを再び実施しました。
(主催/プラスワン・クリエイティブ カデンプラス編集部、文/編集部、石井和美、撮影/庄野正弘)

http://panasonic.jp/suihan/

パナソニック「Wおどり炊き」

お米をおどらせるから一粒一粒がふっくら!

SR-SPX105(5.5合炊き)

「SR-SPX105」は、高火力による激しい沸騰でお釜の中に対流を作り、お米をおどらせ、甘みを引き出しふっくら大粒に炊き上げます。

私はコレが一番

艶やかなご飯が見た目にもとっても素敵で食欲をそそります。表面に粘りがあってモチモチしているのも◎

ライフスタイルクリエーター 神野恵美さん

ダイヤモンド竈釜

熱を素早く伝えて逃がさない、厚さ2.5mmのダイヤモンド竈釜を採用

「Wおどり炊き」で銀シャリに

「Wおどり炊き」は、釜底からの強力な泡の熱対流でお米をおどらせる「大火力おどり炊き」と、激しい沸騰を起こして対流させる「可変圧力おどり炊き」の2つの炊き技で実現しました。これにより、濃いおねばが作られて、甘みたっぷり、ふっくらした大粒のご飯に炊き上げ、”銀シャリ”の美味しさが味わえます。

Wおどり炊きイラスト

ここにも注目!

硬さや食感を9種類炊き分け

“銀シャリ”とは旨み・甘みのあるご飯のこと。「銀シャリ9種類炊き分け」は食感やメニューに合わせて9種類に炊き分けられます。

炊き分けイメージ

スチーム効果でご飯にハリ

220℃のスチーム(過熱水蒸気)を吹き付けて、ご飯の表面の余分な水分を追い出すからベタつきが低減。同時に一粒一粒にうまみをコーティング。ハリのあるふっくらとしたご飯が自慢です。

スチーム効果の仕組み

http://kadenfan.hitachi.co.jp/kitchen/

日立「ふっくら御膳」

「圧力スチーム炊き」でもちもちに炊き上げ!

RZ-WW3000M(5.5合炊き)

日立独自の「圧力スチーム炊き」は、ご飯をもちもちに、ほんのり甘く炊き上げます。内釜が軽くお手入れもラクだから毎日ご飯を炊く人にオススメ。

打込鉄釜

約720gと従来より約40%※1軽量化。熱伝導性に優れ、厚くて軽い「打込鉄釜」

私はコレが一番

内釜が圧倒的に軽いから内釜をシンクに運ぶのも、お米を研ぐのも、腕への負担が少なくラックラクです!

家電プロレビュアー 石井和美さん

日立独自「圧力スチーム炊き」

噛みごたえがあり、甘いもちもちご飯を実現した「ふっくら御膳」の秘密は「圧力スチーム」と「全周断熱構造」。前者は内釜内を沸点が105℃になる1・2 気圧にすることで高温スチームを発生させるもの。後者は熱を閉じ込めることで蒸らし時の高温を維持する仕組み。もちもちご飯はこの2つの炊き技で実現したのです。

釜の構造イラスト

ここにも注目!

もちもち感が3段階で味わえる

もちもち感が3段階で調節できます。お米を浸す温度・時間、蒸しの時間を調節することで実現。さらに、水加減によりご飯の硬さを3段階で調整、全9通りの炊き分けが可能です。

もちもち感1:すしめしなど、もちもち感2:普段の食事に、もちもち感3:お弁当など

洗米やお手入れがラク

日立独自の「打込鉄釜」は、熱伝導性に優れたアルミ合金を採用し、厚みがあるのに重さはたったの約720g。洗米やお手入れがラクになりました。蒸気口と内ふたが一体化しているのもお手入れのときに便利です。

軽いから米研ぎがラク!

※1:同社従来品RZ-VW3000M(2014年モデル)の「重厚打込鉄釜」約1200gとの比較。
※2:商品のデザインは一部変更の可能性があります

http://www.mitsubishielectric.co.jp/suihanki/

三菱電機「本炭釜 KAMA DO 」

炊きムラ防ぐ高断熱かまどご飯を再現!

NJ-AW106(5.5合炊き)

10年目を迎えた本炭釜が、「かまどご飯の美味しさ」を再現しました。内釜も羽釜になり、かまどのような激沸騰を実現しています。

私はコレが一番

粒が一つひとつ立っていて、歯ごたえがありました。お米の甘みも強く、子供にも喜ばれそうな味だと感じました。

月刊 IT&家電ビジネス編集部 澁谷晴佳さん

NJ-AW106内釜イラスト

純度99.9%の炭を削って作った本炭釜。遠赤外線効果抜群

かまど炊きの瑞々しさ

従来の重箱スタイルから一変した、温かみのあるラウンド形の形状は同社の研究開発の結晶!高断熱な土かまどにならって、熱を逃さない構造になっています。断熱材は10㎜と厚く、熱を外部に拡散しづらくなり、ムラのない均一な炊き上がりを実現。粒感が際立つ、瑞々しい“かまどのようなご飯”が味わえます。

再現しているかまど炊きの特徴

ここにも注目!

働く女子の味方!美容玄米モード

炊き方のバリエーションも豊富!新たに美容に役立つビタミンB1の残存量を増やす「美容玄米」モードや、流行の発芽米を柔らかい食感で炊く「芳潤炊き(発芽米専用)」モードなどを備えました。

美容玄米モードの表示

※:玄米に含まれるビタミンB1を増やすものではありません

本炭釜が「羽釜」に進化!

羽釜は羽部分の上下で異なる役割を果たします。上部は下部より低い温度になっていて沸騰時の噴きこぼれを抑え、下部は高温(100℃)を維持。かまどと同じ余分な圧力のない1.0気圧での炊飯にこだわっているのもポイントです。

こだわりの形状説明
このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ