2015 Autumn Vol.30

2015年秋の炊き比べ。高級炊飯器厨房でで食べてみた!

本誌では家電とユーザーの出会いの場を提供する「カデンカフェ」を不定期で開催しています。今回は昨年好評だった高級炊飯器の炊き比べを再び実施しました。
(主催/プラスワン・クリエイティブ カデンプラス編集部、文/編集部、石井和美、撮影/庄野正弘)

http://www.zojirushi.co.jp/syohin/ricecooker/npqs/

象印マホービン「極め炊き」

小容量タイプの南部鉄器 極め羽釜登場!

NP-QS06(3.5合炊(3.5合炊き)

5.5合炊きモデルで人気を博し、多くの人から待ち望まれていた、3.5合炊きモデルの「南部鉄器 極め羽釜」が遂に登場です

南部鉄器極め羽釜

岩手の伝統工芸品で発熱効率の高い南部鉄器を採用した「南部鉄器極め羽釜」

私はコレが一番

かまど極め(おこげモード)が美味しかったです!細かく炊き分けられる点なども評価して一番に選びました

IT・家電ジャーナリスト 安蔵靖志さん
※:試食は5.5合炊きの「NP-WU10」で実施

鉄の羽釜が美味を創る

高火力は美味しいご飯を炊く第一条件。「極め炊き」は発熱効率と蓄熱性の高い鉄の羽釜により、強火の均一加熱を実現しています。高さを抑えたお米が対流しやすい形状なのでご飯粒が潰れにくく、一粒一粒がふっくら大きくなります。お米の外側はしっかり弾力のある張りが楽しめ、内側はモチモチした食感。後味は甘い…。小容量でも本当に美味しく炊けるのか、半信半疑の人にこそぜひ試してほしい炊飯器です。

釜の構造

ここにも注目!

ご飯粒が大きい!5.5合炊きも刷新

5.5合炊きモデルの「南部鉄器 極め羽釜」も新商品が登場します。「極め炊き(N P -W U10)」は、「新うるおい二重内ぶた」を新たに採用。従来よりさらにふっくら大粒のご飯が炊けるようになりました。

かまど極め(おこげモード)が美味しかったです!細かく炊き分けられる点なども評価して一番に選びました

わが家好みに進化します

同じ銘柄のお米でも「硬い方が好き」「粘りのある方が美味しい」など、〝わが家の好み〞は異なるもの。味にこだわる人ほど便利なのが「わが家炊き」メニューです。ご飯の炊き上がりの感想をアンケート型式で答えることで、次回の炊き方を自動的に微調整します。

前回の炊き上
がりの感想を選ぶことで次回の炊飯の炊き加減を微調整します

http://www.tiger.jp/products/ricecooker/

タイガー魔法瓶「GRAND X THE 炊きたて」

本土鍋だから味わえるご飯の甘みと香り

JPX-A101(5.5合炊き)

最新モデルは、土鍋+大土かまどの独自の二重構造を引き続き採用、麦めしの炊飯性能などを強化。シックなデザインもキッチンに調和すると人気です。

私はコレが一番

お米本来の味がよく分かりました。いろんな銘柄のお米で炊いてみて、味がどうなるか試してみたいと感じました

税理士 延平昌弥事務所 前田望美さん

JPX-A101内釜イラスト

厳選された土から焼き上げたプミアム本土鍋+遠赤大土かまどによる二重発熱構造

旨みを引き出す二重構造

内釜には遠赤効果と蓄熱性に優れたプレミアム本土鍋。本体にはIH発熱に適した遠赤大土かまどを採用しています。土鍋を大土かまどで覆うことでお米を全方位から加熱して、ふっくら炊き上げる二重発熱構造です。さらに炊き上げ直後、内釜内の気圧を可変するタイガー独自の可変W圧力により、「ふっくらもちもちなのに、一粒一粒がしっかり美味しい」ご飯に仕上げます。

釜の二重構造イラスト

ここにも注目!

おかわりが弾む育ち盛りのご家庭に

タイガーの炊飯器の他社にない大きな特徴の1つが、ご飯が炊き上がったら土鍋に蓋をしてそのまま食卓に持って行き、お櫃として使えること。ご飯の味と香りが楽しめるだけでなく、見た目まで楽しめるんですね!

お櫃として使っている写真

美味しく健康的な麦めし

白米七、麦三の割合で麦めしが炊ける「麦めし」メニューを搭載。無理なく始められる「麦1 割」と健康効果の高い「麦3割」を選べる麦専用計量カップが付属します。さらに内釜の本土鍋には麦めし専用の水目盛も採用。美味しい麦めしが簡単に炊き上げられます。

麦めしメニュー専用水目盛り

※:同社測定法による3~5μmの波長範囲での遠赤放射率の比較アップ率84.3%(JPX-A101型)、67.8%(JPX-A100型

http://www.tiger.jp/products/ricecooker/

東芝「IHかまど炊飯器」

羽釜の形を現代に連続沸騰で旨み引出す

RC-10ZWH(5.5合炊き)

60年前、日本で初めて自動式電気釜を発売した東芝。最新のRC-10ZWHは羽釜形状にならった内釜を採用し、かまど炊きの美味しさを実現しました。

RC-10ZWH内釜イラスト

備長炭入り遠赤外線コートを採したIHかまど炊飯器

私はコレが一番

5時間後も味とツヤ感が持続していることに驚き!40時間も保温できると聞いてこのお美味しさに納得!このご飯でお弁当を持って行きたい!

家電コンサルティング会社 クロス 片島麻希さん

〝中パッパ〞を再現!

美味しさの秘密は羽釜の形にあり。高さのある空間とすぼまりのある羽釜形状にしたことで、かまど炊きの〝中パッパ〞と同じ連続沸騰、連続加熱を再現しました。さらに、平らな羽で熱をしっかり閉じ込め、丸みのある釜底により、大火力で強い対熱流を起し、お米一粒一粒に旨味を閉じ込めて美味しく炊き上げます。

羽釜の形写真

ここにも注目!

忙しい主婦の見方

「そくうまコース」は真空ひたしの短時間吸水と大火力で、約26分で早く美味しく炊き上げます。

冷めても美味しいからお弁当にもピッタリ!

お米の芯まで素早く吸収

本体に内蔵した真空ポンプで、お米の芯まで素早く水を吸収する東芝独自の「真空ひたし」。ふっくらもちもちの美味しいご飯が炊けます。

真空ポンプイラスト
東芝ライフスタイル2015秋の注目商品(《エアコン》SDRシリーズRAS-406SDR、《ドラム式洗濯乾燥機》マジックドラムTW-Z96X2M、《冷蔵庫》マジック大容量GR-J610FV)
このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ