2015-2016 Winter Vol.031

コーヒーを楽しむ!「達人に学ぶ」自分好みの一杯の探し方

家でもカフェのような美味しいコーヒーが飲みたい。そんな人にオススメオなコーヒーメーカーの選び方を、プロの視点を交えながら紹介します!
(文/倉本 春、撮影/庄野正弘、イラスト/佐藤真理子)

http://www.zojirushi.co.jp/syohin/coffee-maker/sp_contents/

象印マホービンコーヒーメーカー|珈琲通 EC-NA40

豆本来の風味を味わう!

EC-NA40

マイコン予熱とダブル加熱95℃抽出の2つの機能により、抽出温度を徹底管理。丸洗い可能な高いお手入れ性、美味しさ&手軽さを両立した全自動の一台です!

美味しいコーヒーを手軽に淹れて、外に持ち出す

象印のEC-NA40は、コーヒー豆の本当の美味しさを引き出すために「95℃でのドリップ」に徹底的にこだわった全自動のミル付きコーヒーメーカーです。ダブル加熱構造とマイコン予熱の技術により、抽出し始めのお湯と完了直前のお湯での温度差を減らし、よりハンドドリップに近い抽出環境を実現。煮詰まりを防ぐステンレスマホービンサーバーなので、2、3杯続けて飲みたい場合でも淹れたての美味しさが楽しめます。

また、ドリップコーヒーは飲んだ後のお手入れも気になるところ。ECーNA40はミルケースやフィルター、フィルターケースなど、分解して丸洗いできるので、片付けもラクチン!

もう一つ、注目したいポイントは、ステンレスマグに直接抽出できること。お仕事やお出かけに美味しいコーヒーを持ち出したい人にもピッタリです。

美味しさと手軽さを両立

コーヒーメーカーの使命は、ハンドドリップのような美味しさを、より手軽に扱える機械で実現すること。EC-NA40 は当社の自信作。ぜひ美味しさと手軽さを体験してください

象印マホービン 第二事業部 給湯給水グループサブマネージャー岩本雄平さん

熱湯と蒸気がコクと香りを引き出す

水をヒーターで2回加熱するダブル加熱構造と、ヒーターをマイコン制御することで、お湯をしっかり加熱。抽出開始直後から高温のお湯でドリップします

熱湯と蒸気の作用イメージ

お手入れも簡単。丸洗いOK!

ミルクリーン構造&ミルケース丸洗い

ミルケース内部についたコーヒーを抽出時のお湯で流すことで日々のお手入れをラクにします。また、ミルケースは取り外して丸洗いができる構造です

かまど極め(おこげモード)が美味しかったです!細かく炊き分けられる点なども評価して一番に選びました
ステンレスマグやコーヒーカップで珈琲を入れる写真

ステンレスマホービンサーバーはもちろん、ステンレスマグやコーヒーカップにも直接抽出可能。オフィスや外出先でも美味しいコーヒーが手軽に楽しめます

http://www.tiger.jp/

タイガー魔法瓶コーヒーメーカー|ACV-A100

コンパクトで可愛いデザインも◎プロが認める本物の味

ACV-A100

可愛いデザインなのに本格派!UCCこだわりの「ドリップポッドDRIP POD」にもレギュラー粉にも両対応し、手軽に「おうちカフェ」を再現できます!

「コーヒーを一杯分ずつ抽出して飲みたい」そんな人に特にオススメなのがドリップポッドとレギュラードリップに両対応する、タイガーのACV-A100です。

コーヒーの美味しさは、豆の品質と抽出方法に大きく左右されますが、ACV-A100はコーヒー豆の老舗ブランド「UCC」の高品質なドリップポッドが使えます。しかも、「豆に最適な抽出方法」でのコーヒー抽出にこだわって、UCCと共同開発しています。

スチームの蒸らしで美味しく抽出

一杯からでも美味しいコーヒーを抽出できる秘密は、抽出前に行うタイガー独自の「スチーム蒸らし」にあります。蒸気で豆全体を温めて、コーヒー成分を抽出しやすい状態にしてから、じっくりとドリップします。

カップに直接ドリップするので、片付けが簡単! ドリップポッドだけでなく、市販の粉コーヒーでの抽出に対応するのも人気の理由です。

気分に合わせて楽しめる!

使用できるドリップポッドは、毎日気軽に飲めるデイリーユースの豆から、プチ贅沢が楽しめるプレミアム豆まで20種類。家庭でプロのハンドドリップの味が楽しめます

タイガー魔法瓶営業企画チーム横山浩希さん

用途に合わせて選べる2つの抽出方法

ドリップポッド、レギュラーコーヒー(粉)

手軽で片付けも簡単な「ドリップポッド方式」と、こだわりのコーヒーもドリップできる「レキュラードリップ方式」のどちらも楽しめます

DRIP POD ラインアップ

気分に合わせて選べる20種類

好きな容器に直ドリップ

A4サイズに収まるコンパクトさも魅力

国内コーヒーメーカーの第一人者UCCが認める本格的な味が楽しめるのに、A4サイズに設置できるコンパクトな本体サイズ(W19.9×D26.4×H24.9㎝)です

A4スペースで作れるおうちカフェコーナー!

http://panasonic.jp/coffee/

パナソニック沸騰浄水コーヒーメーカー|NC-A56

豆の挽きから保温まですべてにこだわり 発売20年の集大成!

NC-A56

1994年に1号機が発売されている、人気のマイコン搭載型家庭用全自動コーヒーメーカーの最新機種。豆と水を入れるだけで、1種類の豆から4つの違った味が楽しめます!

パナソニックは30年以上も全自動コーヒーメーカーを研究してきた老舗メーカー。マイコン搭載の製品も20年の歴史を持ちます。NC-A56は同社が長年培ってきた、豆の挽きから保温までのすべてにこだわる開発姿勢を背景に誕生。縦型ミルの採で、豆がより均一に挽けるほか、ドリップには活性炭フィルターで浄水した水を使用しています。

ドリップ後のコーヒーはヒーターで保温するため、少量でも温度を下げずに保温可能。保温が30分以上になると、自動的に温度を下げて煮詰まりを軽減する「煮詰まり軽減保温」機能も搭載しています。

4つに淹れ分けて自分好みの味を探せる

豆を2つの粗さで挽き分けられるほか、抽出方法も「マイルド」と「リッチ」の2種類から選択可能。これらの組み合わせで、同じ豆でも4つの味を楽しめます。また、ミルの自動洗浄機能を搭載するなど、お手入れも簡単です。

こだわりの完成度!

1号機を出したのは1994年のこと。以来、コーヒーの味にこだわって開発し続け、完成度の高い製品になっていると自負しています。ぜひ美味しいコーヒーを楽しんでください

パナソニック キッチン商品課 田中藤子さん

NC-A56 構造図

挽き分け、淹れ分けで自分好みのコーヒーを淹れる

コースと挽き分けによる味わいの変化表

「粗挽き」「マイルド」ならば、渋みが少なく、ストレートで飲みやすいスッキリとした味。「中細挽き」「リッチ」ならば、コクや苦味もしっかりあるので、カフェオレにもピッタリ。飲み方に合わせて味を調整できます

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ