2015-2016 Winter Vol.031

コーヒーを楽しむ!「達人に学ぶ」自分好みの一杯の探し方

家でもカフェのような美味しいコーヒーが飲みたい。そんな人にオススメオなコーヒーメーカーの選び方を、プロの視点を交えながら紹介します!
(文/倉本 春、撮影/庄野正弘、イラスト/佐藤真理子)

珈琲試飲風景

「サードウェーブ」って何?

最近よく耳にする「サードウェーブコーヒー」とは、豆と抽出方法にこだわり、一杯ずつハンドドリップする喫茶店タイプのコーヒーのことです。少し前までは加圧してコーヒーを一気に抽出する「エスプレッソ」が人気でしたが、最近はよりコーヒーの深みを感じやすいドリップコーヒーの人気が再燃しています。

コンビニでも挽きたての美味しいコーヒーが飲めるようになった今、「我が家のコーヒーが物足りない」と感じている人も多いのでは?

今回は本誌の「家電のプロに聞く!」で、シーズンごとの注目家電を解説していただいている家電流通の第一人者・得平 司先生が、コーヒーには一家言あると聞き、家電コーディネーターの戸井田園子さんと一緒に家庭でコーヒーを楽しむコツを教わりました。

撮影協力:フワッティーコーヒー

フワッティーコーヒー(豆の香りを活
かしたコーヒーが美味しい独立系カフェ)

東京都文京区千駄木3-36-11千駄木センチュリー21 2F

人気の機種を飲みくらべあなたのピッタリはどれ?

《得平》(以下、敬称略) コーヒーは湯温や注ぎ方、豆を蒸らす時間などで味が変わります。豆は生鮮品なので焙煎後10日ほどで飲むのが理想です。挽きたての新鮮な豆でコーヒーを淹れるとお湯をかけた豆がハンバーグみたいに膨れます。《戸井田》 これが美味しさにつながる鮮度のサインなんですね!

 

戸井田  ハンドドリップのために毎回お湯の温度を測ったり、ストップウォッチで蒸らし時間を計測するのは忙しい朝には難しいです。

得平 そういった人にオススメなのがコーヒーメーカーです。コーヒーは豆を挽くときの香りが格別に素晴らしいのですが、全自動タイプならボタン一つでこれが楽しめます。この香りで目覚める朝は贅沢だと思いますね(笑)

戸井田 私は実はコーヒーにミルクを入れて楽しむ派です。もっと手軽に美味しく飲むコツはありますか…?

得平 コーヒーを美味しく飲むには、豆の鮮度も大切です。だから、コーヒーを頻繁に飲まない人は、豆を袋で購入しても美味しい時期に飲み切れない。それなら、ドリップポッドなどの個包装で鮮度を保つ製品も視野に入れると良いと思います。

戸井田 これなら、毎回違う銘柄も楽しめるし、使用後の粉はポッドを捨てるだけなので後片付けも簡単ですね!

得平 ミルクをたっぷり入れるなら、インスタントタイプも比較的長く保存できます。バリスタはフォームドミルク(泡立った牛乳)を作れるので、アレンジコーヒー派も楽しめますよ。

戸井田 コーヒーって奥が深いですね。

試してみた!コーヒーメーカーはこんなに違う

4種類のコーヒーメーカー写真

① ネスレ日本:ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ PM9631

得平

表面のクレマ(泡)で香りが閉じ込められるのか、インスタントとは思えないクオリティ。ラテに合う味と感じました

② パナソニック:沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56

戸井田

香りは強いのに、雑味や変な後味がなく飲みやすいコーヒーです。ミルク派の私ですが、ストレートで飲んで美味しいと感じました

③ タイガー魔法瓶:コーヒーメーカーACV-A100

戸井田

爽やかで誰にでも好まれそうな味だと感じました。使用後に洗い物が少ない点も主婦として嬉しいポイントです

④ 象印マホービン:珈琲通 EC-NA40

得平

コクがあって、コーヒーの重厚さを感じさせる味ですね。コーヒーの特徴を強く引き出しているように感じます

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ