2015-2016 Winter Vol.031

コーヒーを楽しむ!「達人に学ぶ」自分好みの一杯の探し方

家でもカフェのような美味しいコーヒーが飲みたい。そんな人にオススメオなコーヒーメーカーの選び方を、プロの視点を交えながら紹介します!
(文/倉本 春、撮影/庄野正弘、イラスト/佐藤真理子)

コーヒーメーカー購入前確認シート

コーヒーメーカー購入前確認シート

豆にこだわる? 家族で飲む? コーヒーメーカーに求めるものは人それぞれ。迷ったら、この確認シートに記入して売り場のスタッフと相談してください。

豆へのこだわり?

豆からこだわるなら全自動がオススメ。ただし、本体のサイズが大きめで、豆を挽く音が大きい点には注意。手軽さと一定の品質のバランスならカプセルタイプ。片付けの簡単さはインスタントが最強です。

コーヒー豆(ミル付全自動向け。味と香りにこだわる人向けです)、コーヒー粉(ドリップ機向け。機種が多く安価な製品も多いです)、カプセル(専用カプセルの種類はあらかじめチェックしましょう!)、インスタント(使用後に粉を捨てる必要がなく、非常に手軽です)

一度に飲む量は?

家族みんなで飲んだり、何杯もおかわりして飲むならサーバー付きタイプ、1杯を楽しむなら、カップに直接注げるタイプがオススメです。最近は、ステンレスボトルに直接注げる縦スペースの長い機種もあります。

ヒータータイプ(少量でも安定保温。コーヒーの残量も見えます)、魔法瓶タイプ(長時間保温でき、コーヒーが煮詰まりません)、サーバー無し(カップに注ぐため洗い物が少なくて済みます)、ステンレスマグ(会社や学校にステンレスマグを持って行く人は要チェック)

機能のこだわりは?

浄水機能や、ミルクスチーム(ミルクフォーム)機能など、「この機能は欲しい」という自分のこだわたい機能は、忘れずにチェックしておきましょう。

浄水機能(浄水しながらコーヒーを抽出するので、水道水でも美味しく抽出できます)、濃度調整機能(アイスコーヒーやカフェオレ用に。濃いめのコーヒーが抽出可能です)、金属メッシュフィルター(フィルターのランニングコストがなく、コーヒーの香りが出しやすいのがメリット)、ミルクスチーム機能(ボタン1つで、カフェのような口当たりのミルクフォームを作成できます)

Q&A

コーヒーを飲むなら水道水? ミネラルウォーター?

水道水のカルキ臭を気にする人がいますが、浄水機能搭載機種ならニオイが取れるので安心です。ミネラルの多い水を使うと、苦みが強くなる傾向があるので注意してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ