2016 Spring Vol.032

ヤマダ電機のオリジナルIoTデバイスに注目!EveryPhone登場でますます充実 最新モバイルの魅力はココだ!

ヤマダ電機がオリジナルのSIMフリースマートフォン「EveryPhone」を発売しました。Windows 10 Mobile搭載スマホは国内初。これにより、ヤマダ電機でぐっと便利なモバイル環境が整えられるようになりました。
(文/大和 哲、イラスト/長野 亨)

http://www.yamada-denki.jp/service/everyphone/

EveryPhone

ITライター大和哲の使ってみたPCとの連携自在のSIMフリースマホEveryPhone

EveryPhone

ITライター大和哲の使ってみた

税込みで5万円を余裕で下回る価格設定でありながら、とても使いやすいWindows10 Mobile スマートフォンです。パソコンとの連携でOffice文書を見たり、ワンタッチテザリングを試しました。LTE使い放題プランでの使用がオススメです!

細部まで気配りされた高い完成度

手に取ってすぐに感じたのが、約138.6gと大変軽いのに細かい部分まで気配りされた完成度の高い仕上がり。本体には高級感のある鏡面加工が施され、SIMカードやmicroSDカードのスロットにはちゃんとキャップが付いているなど全体的に好印象です。
パソコンで「OneDrive」に保存したOffice文書を、EveryPhoneで表示してみましたが、デザインが崩れることもなくスムーズに表示できてとても便利でした。

快適!ワンタッチテザリング

EveryPhoneでは、Windows 10のMS-TCCという便利な技術が利用できるのも魅力です。これはインターネット回線をスマートフォン(EveryPhone)経由にする「テザリング」をワンタッチで行えるもので、Wi-Fiの届かない場所で重宝します(右図参照)。最初に設定してしまえば、パソコンとEveryPhoneはケーブルなしで自動的につながり、EveryPhoneをポケットやカバンから取り出さなくても、インターネットが利用できます。実際に試すと、びっくりするくらい簡単で快適でした。
なお、パソコンのインターネット接続ではデータ通信量がかなり大きくなりがち。Yamada SIMなどで契約できる「LTE使い放題プラン」とセットで利用すれば、一定料金で通信できて安心です。

ヤマダ電機の公式アプリ「ヤマダ電機 ケイタイde安心」

●テザリングの仕組み

●ワンタッチテザリング(MS-TCC)の設定

あらかじめ、EveryPhoneのBluetooth利用をONにしておき、続いてパソコンのデバイスの設定でBluetoothをONにし、EveryPhoneとパソコンをペアリング。後は同じMicrosoftアカウントでログインすれば、パソコンのネットワーク設定に「EveryPhone」が表示され、「接続」を選択して完了!

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ