2017 Spring Vol.036

「時短」と「節約」を実現!忙しい主婦こそ冷蔵庫は大容量!

最近は核家族化が進み、家族を構成する人数が少ない家庭も増えています。とはいえ「うちは二人世帯だから…」などと小さな冷蔵庫を購入するのはもったいない!実は「大容量冷蔵庫」こそ、共働き世帯や育児中の忙しい主婦の強い味方なのです。(イラスト/佐藤真理子)

http://www.toshiba.co.jp/living/refrigerators/

東芝 | GR-K600FWX | 601L

冷却器についた霜を利用して、野菜室に「うるおい」たっぷりの冷気を放出。野菜室内を約95%の高湿度に保つので、野菜のみずみずしさが長く保たれます。野菜をまとめ買いしても安心です。

超多忙主婦でも安心1

野菜室がまんなかだから使いやすさ◎!

「新鮮摘みたて野菜室」は、水分をたっぷり含んだ冷気で1日20回以上うるおい自動補給。さらに、冷蔵庫内の光触媒が野菜を老化させる「エチレンガス」を除去します。このため、野菜のみずみずしさが長持ち。しかも、野菜室の位置は「まんなか」。調理台に近い高さで、かがまなくても重たい野菜やペットボトルも手軽に出し入れできます。

超多忙主婦でも安心2

お肉やお魚を素早く冷却!

「速鮮チルド」は、お肉やお魚に約-4℃の冷気を送りこむことで素早く冷却。冷凍よりも、素材の美味しさをキープします。さらに、冷凍したお肉やお魚をチルド上段において「解凍モード」に設定すれば、約30分ほどで包丁で切れる硬さにまで解凍できます。

家電ライターがチェック
ココが「時短」だ!

通常は冷凍前に下茹でが必要な野菜も「野菜そのまま冷凍」なら生のままで大丈夫なので時短に!野菜をまとめ買いした時もちゃんと使い切れます。細胞が壊れにくい冷却方法なので栄養が残りやすいのも、家族の健康を気遣う主婦には嬉しいですね。

東芝ライフスタイル2017春の注目商品

http://panasonic.jp/reizo/

パナソニック | NR-F672WPV | 665L

パーシャルなら「作り置きのおかず」も約1週間美味しさをキープ。時間があるときに料理をすれば、忙しい日は並べるだけで料理が完成。また、「ワンダフルオープン」はパナソニックならではの使いやすさです。

超多忙主婦でも安心1

7daysパーシャルなら使いたいとき使いたい量だけ

 傷みやすいお肉やお魚などの食材をまとめ買いすると、一度冷凍して必要な分だけ事前に解凍する手間が必要でした。しかし「7daysパーシャル(微凍結パーシャル)」なら、食材がギリギリ凍りはじめるくらいの約-3℃で保存。傷みやすいミンチ肉でも、冷凍しなくても1週間保存できます。
週末に1週間分の食材をまとめ買いしても、毎日新鮮な食材で美味しい料理が楽しめます。また、調理したおかずも約1週間保存できるので、常備菜を作り置きすれば、忙しい時にサッと使えます。

超多忙主婦でも安心2

野菜も約1週間シャキシャキ

野菜室の湿度をコントロールする「モイスチャーコントロールフィルター」を2つ搭載。野菜が約1週間シャキシャキに保存できます。さらに、「ナノイー」の効果で、ナスやきゅうりなどの夏野菜に起きやすい「低温障害」※1も抑制できます。

家電ライターがチェック
ココが「時短」だ!

野菜室と冷凍室は、奥までしっかり開くワンダフルオープン。庫内の奥までサッとチェックできるため、家にある食材がひと目で把握可能。無駄にする食材が減らせるので時短につながります。しかも、レールは高耐荷重のベアリング式なので、たくさん収納しても軽々と開きます。

※1: 低温障害=低温で保存する事で変色や窪みができたり、栄養素の減少を招く症状。※2:水ぐされ=野菜の呼吸から出た湿気が結露する等により、表面の黒ずみや葉の変質が起こる傷み方

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ