2017 Autumn Vol.038

やっぱり欲しい憧れの高級炊飯器食べて比べてコレに決めた!

高級炊飯器の実力を、食べて、比べて、確かめる。恒例の炊き比べイベントが今年も編集部で開催、究極の一台を探るべく、ご飯をこよなく愛する人々が食べに食べました!
今年の炊飯器は、本体サイズがちょっと大きめ、高級外車のような煌めきボディ、ほかのキッチン家電とのコーディネートを考慮したカラー、こだわりの丸形…。ずらっと並べればルックスにも強い個性が感じられます。目標とする炊き上がりはメーカーによって微妙に異なり、内釜の素材や形状、強い火力を生み出す仕組み、火力を維持する構造、保温の仕方など、「おいしいご飯」へのアプローチもそれぞれ。日々の炊き上がりのバラつきをなくすための簡単・正確な計量の工夫、炊き分け機能がわかりやすい液晶パネルなど、目からウロコの機能にも注目です。
ご飯がおいしく炊ければ、おうちご飯の満足度もアップ。なお、スタンダードモデルのアイリスオーヤマも特別参加。
<文・イラスト/暮らしのチーム クレア 家事総合研究所>

http://www.zojirushi.co.jp/syohin/ricecooker/sp_contents/nwat/

技ありその1:炊きむらを抑える羽釜形状

美味しさの秘密は進化した羽釜にあり!浅くて広い形状は釜内で対流が起こりやすくなり、炊きムラを抑えることができます。大きく伸びた羽はヒーターの熱を内部に閉じ込めて、側面からの熱ムラを抑制。さらに、角度のある釜底が大きく複雑な対流を発生。ここに大火力と大圧力が加わり、お米を豪快にかき混ぜます。炊きムラがなく、甘いふっくらごはんがこうして炊き上がるのです。

技ありその2:大火力・高圧力で甘みを引き出す

お米をかき混ぜ、甘みをひきだすのが「プレミアム対流」。かまど炊飯でいう“中パッパ”時に1450Wという大火力でお米を激しくゆらします。さらに、沸騰維持工程で1.5気圧の追い加圧をかけて甘み成分をお米の中に染み込ませます。

技ありその3:好みの食感が見つかる「わが家炊き」

前回食べたご飯の感想を入力すれば、炊き方を変えて食感を調整してくれる「わが家炊き」メニュー。産地や気候で変わるお米の味。より炊き分け範囲が拡地や気候で変わるお米の味。より炊き分け範囲が拡大したわが家炊きなら、ピッタリの味が見つかります。

http://www.tiger.jp/products/ricecooker/

技ありその1:かまどに近い大火力実現

タイガー魔法瓶独自の「本土鍋」がさらに進化しました。厳選された土に新素材「炭素ケイ素」成分を配合。高密度化を図り、4回の焼きを経て、本物土鍋「プレミアム本土鍋」に変身しました。
炭素ケイ素は軽くて耐熱性が良く、もともと蓄熱性が高い土鍋にベストマッチ。これにより、熱伝導率は約2.5倍にアップしました※。かまどに近い火力を実現、しっかりとお米に熱を伝えることで甘み、香りを引き出しました。

技ありその2:「押麦」と「もち麦」で毎日が健康生活

粘りの少ない「押麦」と、粘りのある「もち麦」の2種類のメニューを用意しています。健康効果の高い「麦3割」と、無理なく始められる「麦1割」の麦専用カップを付属。今日から健康生活がスタートできます。

技ありその3:キッチンにマッチするデザイン

取っ手が無く、上部の調圧キャップ(蒸気孔)もあえて無くしたデザインは、アイランドキッチンやカウンターキッチンに置いてもなじみます。本体をぐるっと囲むモールと、シックな色もお洒落です。

http://panasonic.jp/suihan/

技ありその1:決め技はWおどり炊き

IHコイルの通電を高速で切り換えて釜底全体から気泡を出す「大火力おどり炊き」と、加圧時に高温化、減圧時に対流を繰り返す「可変圧力おどり炊き」により、一粒一粒をムラなく加熱してお米を激しくおどらせ、ふっくら、甘い美味しい銀シャリに炊き上げます。2つのおどり炊きで炊いたご飯は美味しいと覚えておいてください。

技ありその2:過熱水蒸気で旨みを包み込む

かまど炊きの「ひとにぎりのワラを入れ」て最後に火を強めて余分な水分を飛ばす追い炊き工程。その工程を強化したのが「220℃IHスチーム」です。スチーム(過熱水蒸気)を噴射してお米を高温で加熱して旨みを包み込み、ハリとツヤを出しました。

技ありその3:過熱水蒸気で旨みを包み込む

パナソニックの炊飯のスペシャリスト、ライスレディ監修の「銘柄炊き分けコンシェルジュ」(Web de Check参照)。
北海道「ゆめぴりか」など、各産地の生産者から「最高の味を引き出してくれる」とお墨付きが!

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ