2017 Autumn Vol.038

やっぱり欲しい憧れの高級炊飯器食べて比べてコレに決めた!

高級炊飯器の実力を、食べて、比べて、確かめる。恒例の炊き比べイベントが今年も編集部で開催、究極の一台を探るべく、ご飯をこよなく愛する人々が食べに食べました!
今年の炊飯器は、本体サイズがちょっと大きめ、高級外車のような煌めきボディ、ほかのキッチン家電とのコーディネートを考慮したカラー、こだわりの丸形…。ずらっと並べればルックスにも強い個性が感じられます。目標とする炊き上がりはメーカーによって微妙に異なり、内釜の素材や形状、強い火力を生み出す仕組み、火力を維持する構造、保温の仕方など、「おいしいご飯」へのアプローチもそれぞれ。日々の炊き上がりのバラつきをなくすための簡単・正確な計量の工夫、炊き分け機能がわかりやすい液晶パネルなど、目からウロコの機能にも注目です。
ご飯がおいしく炊ければ、おうちご飯の満足度もアップ。なお、スタンダードモデルのアイリスオーヤマも特別参加。
<文・イラスト/暮らしのチーム クレア 家事総合研究所>

http://kadenfan.hitachi.co.jp/kitchen/

技ありその1:高温20分が炊飯のカギ

 おいしいご飯を炊くには、98℃超を20分以上キープがカギ。「ふっくら御膳」独自の「圧力スチーム炊き」は、約60℃以下でしっかり吸水させたお米に最高1.2気圧の圧力をかけて一気に加熱。その後、最高105℃のスチームで約26分間蒸らし続けます。お米の甘みを引き出し、ふっくら艶やかに炊き上げられます。加熱時の蒸気を、蒸らしと保温に循環利用する給水レスのオートスチーマー機能で、蒸気がほぼ出なくて驚きです。

技ありその2:軽くて高伝熱打込鉄・釜

アルミ合金の内釜底面にIH発熱効率が高い鉄の粒子を打ち込んだ新開発の「高伝熱 打込鉄・釜」は、大火力を引き出し、内釜全体にすばやく熱を伝えます。加熱ムラがなく、おいしい炊き上がりに。目盛りの見やすさも配慮されています。

技ありその3:少量に合わせた加熱コントロール

 0.5合から2合までの少量炊飯家庭に朗報。加熱を細かく制御する「少量炊き」は、スチームとヒーターで上部空間の高温を維持、底面から火を入れ過ぎることがないので、少量でも美味しく炊き上がります。

http://www.mitsubishielectric.co.jp/suihanki/

技ありその1:かまどのような大火力「本炭釜」で炊きあげる!

かまど炊きの大火力再現の立役者は、IHと好相性の「本炭釜」。磁力線が深く浸透する炭素素材の内釜は全体が発熱し、かまどのような大火力を引き出します。職人の手仕事で厚さ10㎜に仕上げた釜底中心部からもお米を押し上げる力強い泡が発生、かまどのように厚い断熱層と内釜の熱密封リングで大火力を逃がしません。連続沸騰の自然な圧力で炊飯、保水膜を均一に残したおいしいしゃっきりごはんを炊き上げます。

技ありその2:銘柄や、好みに合わせ多彩に炊き分け

お米の性格を知り尽くした五ツ星お米マイスターと共同開発。全国35品種の銘柄の良さを引き出す「銘柄芳潤炊き」に加えて、「炊分け名人」「美容玄米モード」など、銘柄やお米の種類、好みに合わせて細やかに制御します。いろいろなお米を試してみたい人におすすめの機能です。

技ありその3:超便利!合ピタカップとVピタ目盛

美味しいご飯は正確な計量から。1合につき15g多ければ5合のつもりが5.5合に! 指でサッと擦り切れる合ピタカップなら1合も0.5合も正確に計量してくれます。目見当だった水位も内釜の三角目盛でピタッと決まります。

http://www.irisohyama.co.jp/

技ありその1:きちんと計量すればいつでもおいしい!

重量センサー搭載でお米の重さを計測、最適な水量を自動計算します。デジタルでわかりやすく表示するので、「今日のごはんはかたい」「今日はべちゃっとしてる」といった日々の炊飯のバラつきがなくなります。また、銘柄に合わせて水量と火力を調整する炊き分け機能により、銘柄米の個性を引き出しおいしく炊き上げます。お米の計量は米びつ任せ、水加減はだいたい水位線……そんなダメダメ炊飯習慣からは卒業です!

技ありその2:今よそったごはん、何カロリー?

注目の新機能「カロリー」ボタン。ごはんをよそう前に押すと、重量の変化をセンサーが計測、お茶碗によそったごはんのカロリーの目安を表示してくれます。ダイエットなど体重のコントロールだけでなく、生活習慣病などで食事に配慮が必要な人にやさしい機能です。

技ありその3:おひつとIH調理器が上下に分離

分離は簡単、持ち上げるだけ。おひつは通電なしで2時間保温。炊飯後はIH調理器としておかずの調理ができます。一人暮らしやお父さんの単身赴任、シルバー世帯にうれしい機能性は、贈り物にもピッタリです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ