2018 Autumn Vol.042

コメ好きさん、必見!美味しいご飯を極める!!

お米を最高に美味しく食べるためには、高機能炊飯器でお米の味をキッチリ引き出すのはもちろん、その前に守るべき手順があります。ベストの準備をして、最善の食べ方を極めましょう。
(文/暮らしのチームクレア家事総合研究所 イラスト/赤江橋洋子)

1.まずはお米を選ぶ!定番?ニューフェイス?

作付けランキング上位の定番銘柄米が安定した人気を誇る一方で、ユニークなネーミングや可愛いパッケージの新しい銘柄米が毎年登場しています。香り、味、粘り気、硬さなど、食べ比べてみると味は驚くほど違います。今年は、気になるお米にチャレンジしてみましょう。

お店でお米を買う時には

精米日が新しいものを選ぶのはもちろん、袋の小窓(もしくは透明なところ)から、コメの状態をチェックしましょう。米の色が黄ばんでいるものや、砕けた米が多く混ざっているものは避けます。

2.お米は生鮮食品

作付けランキング上位の定番銘柄米が安定した人気を誇る一方で、ユニークなネーミングや可愛いパッケージの新しい銘柄米が毎年登場しています。香り、味、粘り気、硬さなど、食べ比べてみると味は驚くほど違います。今年は、気になるお米にチャレンジしてみましょう。

精米機のすゝめ

鮮度の落ちにくい玄米を購入し、家庭で精米すれば、いつでも新鮮な白米を炊飯できます。精米後すぐに炊いたご飯は、炊き上がりのツヤや甘みがまったく違います。精米機には白米の表面を削ってリフレッシュできるコースもあって便利です。ヘルシーな分づき米を楽しめるのも魅力です。

3.きっちり計量、正しく洗米!!

お米はカップ山盛りに入れてから、箸などでそっとすり切ります。カップを揺すったり、継ぎ足したりはNG。無洗米は米粒が小さく、白米より量が3%〜5%多くなってしまうので専用カップを使います。かつては「米を研ぐ」と言いましたが、精米技術の進んだ今は「洗う」で充分。手早く、やさしく洗米しましょう。洗いすぎると甘みが減ってしまいます。

4.水加減は正確に!!

美味しいと感じるご飯の水分含量の範囲は62〜63%と狭く、炊飯時の1〜2%の水加減の違いで炊き上がりが固く感じたり、柔らかく感じたりします(※象印マホービンIH炊飯ジャー付属DVD/東京農業大学・高野克己教授のお話より)。洗米後、正確に水加減をしたら、すぐに炊飯器にセットしてスイッチON! 炊飯器の炊飯コースには浸水時間も含まれています。

5.炊き上がったらすぐにほぐす

このひと手間で余分な水分が飛び、ご飯がムラなくふっくらとします。食べきれない場合は冷凍保存を。粗熱はあえて取らずに、湯気ごとラップでふわっと平たく包み、アルミトレイなどに乗せて急速冷凍します。解凍するときはラップを取って器に入れ、まず600Wで1分半ほど加熱。取り出してほぐしたらさらに約1分半加熱。炊き立ての美味しさがよみがえります。

高級炊飯器には“高い”理由がある!

美味しいご飯を食べるためには、炊飯器にもこだわりましょう。高級炊飯器には「高い」だけの理由があります。パナソニックは「Wおどり炊き」、象印マホービンは3つの底IHヒーターでかまどの炎のゆらぎを再現した「炎舞炊き」、三菱電機は、かまど炊きに近づけた「激沸騰・泡昇り炊き」を実現しました(次頁以降参照)。

暮らしのチーム クレア家事総合研究所

日々の家事からライフデザインまで、生活全般を研究する主婦を中心としたユニット。家事関連の全ジャンルに対応する精鋭ライターが集結しています。
http://www.workers-clair.jp/results/live/

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ