2013 Autumn Vol.22

特集:炊飯器、新米の美味しい季節が到来!コメ派が喜ぶ炊飯器えらび

秋到来。新米が美味しい季節です。ほっぺたが落ちるようなご飯をめいっぱい味わいましょう。ここでは知っておきたいお米やご飯の基礎知識、炊飯器えらびのノウハウを紹介します。

栗ごはんと炊きたて白米

現在日本で栽培されているお米の品種は300種類以上。
品種改良で味がどんどん良くなり、楽しい名前や可愛いパッケージの商品もたくさん登場しています。品種が同じでも産地が違えば味も値段もさまざま。いろいろな産地、品種のお米を食べ比べ、自分好みのお米を見つけましょう!

お米の6大「特A」ブランド図

特Aとは、一般財団法人日本穀物検定協会「平成24年度米の食味ランキング」において「特A」を獲得している品種です。基準米(複数産地のコシヒカリのブレンド米)よりも食味が特に良好とされた29産地品種の米が特Aにランクされています。今回はその中から、作付面積でも十大ブランドに入る6品種をピックアップ!

お米の6大「特A」ブランド図

あきたこまち(秋田県)

岡山、広島、徳島などでも栽培されるお米の代表品種。もち米のように粘りのある食感はコシヒカリ以上とも

なまはげ

ひとめぼれ(宮城県)

作付け量、流通量全国2位。味、香りが良く、粘りが強い。大粒でお手頃価格が魅力です

こけし

ななつぼし(北海道)

粘り、甘み、ツヤのバランスが良く、冷めても美味しい。お弁当やお寿司に好まれます

クラーク博士銅像イラスト

はえぬき(山形県)

ササニシキの後継品種。しっかりした粒立ちでべたつきにくく、冷めても美味しいのでおにぎりに好まれます

踊る女性イラスト

コシヒカリ(新潟県)

全国の水稲作付けの3分の1以上を占める生産量1位のお米。ツヤがあって香りが良く、粘りも強くて、冷めても美味しいです

スキーで滑る少年イラスト

ヒノヒカリ(熊本県)

九州を中心に西日本で広く栽培。丸みのある小さめの米粒で、コシヒカリに似た食味ながらも価格はお手頃です

熊本城イラスト

和食写真

お米マイスターに聞いた!美味しいご飯を炊く4つのコツ

その1. 精米の日付に注意

お米は生鮮食料品。なるべく精米した日付が新しいものをえらんで買いましょう。精米年月日から3週間〜1カ月で食べきるのが理想

その2. 保管方法を工夫

保管にも注意が必要。高温多湿はお米の大敵です。ペットボトルや密閉式容器、ジッパー付きポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保管を

その3. ソフトな研ぎ方

研ぐときは、ミネラルウォーターか浄水器の水を使います。力を入れすぎず、手早く研ぎます。研ぎすぎるとうまみが奪われるので注意

その4. 炊きあがりのポイント

炊きあがったら、ご飯表面にしゃもじで筋を入れて、天地をひっくり返します。余分な水分が飛び、ダマになりません

お米マイスターのいる「小池精米店」さん

小池さん写真今年創立84年を迎えた、東京のどまんなか原宿のお米店です。二代目小池将雄さんは5つ星、三代目理雄さんは3つ星と、親子合わせて8つ星を所持するお米マイスター。魚沼産コシヒカリ、庄内産ひとめぼれのほか、合鴨を使って無農薬で栽培した合鴨米なども販売しています。全国発送もあり。

東京都渋谷区神宮前6-14-17 TEL:03-3400-6723 http://komeya.biz/

※お米マイスターとは

日本米穀小売商業組合連合会が、お米の専門職経験がある人を対象に定めた資格です。美味しいお米の見分け方、精米技法やブレンド技術など、お米の知識を網羅した人が取得できます

もっと美味しく食べたい!

精米にこだわる

お米屋さんと同じ本格精米(象印 精米機「BT-AF05」)

循環を繰り返してぬか層を取り除く圧力循環式なので、お米が割れにくいのが特徴。仕上がりも三分づきから白米、無洗米まで自由自在です。市販米をリフレッシュする白米フレッシュコースも搭載。

象印 精米機「BT-AF05」

コンパクトで使いやすい精米機(パナソニック精米機 「KG-16P」)

ボタン操作がシンプルで使いやすく、コンパクトなボディが特徴。もちろん仕上がりは、三分づきから白米、胚芽米にも対応します。白米みがきコースもあるので、古い市販米も美味しく食べられます。

パナソニック精米機 「KG-16P」

水にこだわる

美味しいご飯のための浄水器(象印/炊飯浄水ポット「MQ-JA11」)

「美味しいご飯」を炊くための専用浄水器。炊飯用に独自調整したカートリッジを搭載し、最適なPHにコントロールして甘みや香りをアップします。カートリッジ交換目安は約5カ月。

象印/炊飯浄水ポット「MQ-JA11」
このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 前のページへ戻る ▲このページの先頭へ